東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

バナウェ

【travel】コルディレラ棚田群/【music】Worlds' End Girlfriend

全てにおいてVIP待遇の東京オカザキッチンです。

弊社昨日から仕事始めでした。東京、いや日本中に淀む空気を一身に受けながら出社したのですが、フィリピンから帰ってきてからも休むことなく飲み会飲み会また飲み会だったためか、身体が悲鳴をあげています。ガッタガタやで。

はーしんどー。
でもそんな自分が好きなんだ。



さて、そんなこんなで昨日の続きです。


(昨日までのあらすじ)
極寒に凍える夜行バスを経て、無事ルソン島北部山岳地帯のバナウェに到着したオカザキッチン。彼がこの旅で求めていた景色は、果たして見ることが出来るのだろうか?? 提供は、ご利用は計画的に、サガミオリジナルでお送りしております。




というわけでですね、このあたり一帯は、マニラからですと、ohayami bus の夜行バスくらいしか到達手段が無いという、非常にアクセスのしにくい場所なわけですが、なぜこんな場所にやってきたかといいますと、ここは世界屈指の棚田のエリアなんですね。


世界遺産 「コルディレラの棚田群」として非常に人気の観光スポットでして、棚田好きとして知られるオカザキッチンとしては、いつか行ってみたいと思っていたのです。僕ね、棚田好きなんですよ。子供が生まれたら、名前を岡崎棚田にしたいくらいです。


バナウェの町からは歩いていけるような距離ではないので、バイクタクシーであるトライシクルに乗って様々な棚田に向かいます。


一番良かったのは、バナウェの町から1時間トライシクル、そこから山に分け入ってさらに1時間のトレッキングを経た先に広がるバタッド・ライステラス でしたかね。しかもこの日、向かう途中の道の岩壁が崩落して復旧工事に1時間かかるというおまけつきだよ。

2014-12-28-11-40-59

崩落撤去作業中です……。



でも苦労があった分感動も大きい!

2014-12-28-13-39-31

2014-12-28-13-51-13

どーん。
迫力ありますね~~。



そして、棚田…

2014-12-28-10-19-18



さらに、棚田……

2014-12-28-11-14-33



またまた、棚田………

2014-12-28-10-41-19


噂によると、コルディレラ棚田群のひとつひとつの田んぼを並べていくと、地球を半周するくらいの長さになるとかどうとか。本当かね!それ、本当かね!


これでもかというほど棚田を堪能して、宿に帰りました。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 


Worlds' End Girlfriend - Les Enfants Du Paradis

非常にアグレッシブで綺麗な音楽ですね。
海外を拠点に幅広く活動をされている方で、映画音楽などにも多くの提供を行っています。

スペインで行われる、Sonarというエレクトロミュージックのフェスにも出場経験があるというのはなかなか凄いですねえ。こういう音楽がもっと日本でも認知されてもらいたいものです。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、棚田全部で田植えさせます。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!


★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

【travel】山岳地帯バナウェ

女子大漁!東京オカザキッチンです。
今日から仕事始まりです。神様、絶望をありがとう!ウフフアハハ。

僕、仕事納め後速攻フィリピン行って疲れ果てて帰ってきているので、冬休み3日間くらいしかなかった感覚です。人間というのは本当都合のいい生き物だと思います。

てなわけで、フィリピンですが、そもそも今回フィリピンに行く言うたとき、結構まわりのOLさんたちからは、

「いいなぁ〜〜♪」

と、羨ましがられたものです。

フィリピンといえばリゾートですから、僕がセブ島とかボラカイ島とかで優雅に過ごすものだと思ったのでしょう。うんうん、そうだよね。ビーチリゾートでカップルに囲まれて夕日を眺めてビーチで体育座りしてゆったりとした時間を過ごすそんな休日……



死んでしまいます。




想像しただけで死ぬところでした。そんなことしたら間違いなく砂浜には一体の三十路のおっさんの死体が打ち上げられます。死因はもちろん「さび死」です。


今回の旅の目的地は、海ではなく、むしろ山です。しかも通常は皆さんゆったりする年末旅行に反して、実に自分を追い込むストイックなバックパッカーと化してました。ははは、これは血の涙さっ!


今回一番行きたかったエリアは、ルソン島北部の山岳地帯、まわりの乗客がセブ島への乗り継ぎ便に移動する中、僕はそのままマニラinです。今回は、その行きたかった場所のご紹介などを当ブログでしてみたいと思います。


さて、マニラ到着は夜だったのですが、この旅は時間の制約が大きく、なんとかその日のうちに目的地に向かいたかった僕は、何はともあれバスターミナルに向かいました。

フィリピンは完全バス移動社会で、マニラ市内にも行き先やバス会社に応じて多くのターミナルが点在しています。目的地バナウェ行きのターミナルはOhayami bus 一択、間違えないように向かいます。

2014-12-27-22-24-38

せまっ!
せまーっ!

ここ、ターミナルなんていいところじゃないんすよ。バス二台とちっさい事務所でいっぱいいっぱいの敷地なんですよ。このフィリピンマフィアの刑務所みたいな事務所で22時出発まで鬱々と待ちます。



は、はは。
なぜ年末休みに独りでこんなジメジメしたところにいるんだろう……。




「おい、そろそろ出るぞ、ジャパン」



そう、このバスは22時発……  朝7時着
夜行バスなのです。





乗り心地は……





意外と悪くないネ!!
むしろ上出来よ!!


ただ、さ、さ、さ、寒すぎるよ!!!冷房!!
マニラ気温30度なのに、乗客みんなセーターとウインドブレーカー着てます。


やりすぎです。寒すぎです。
凍えながらバスは延々と山路を走り、途中二度の休憩を挟み、明け方にバナウェに到着しました。

や、やっとついた……。

2014-12-28-08-44-26
バナウェの町と山


2014-12-29-07-46-51
バナウェと靄と朝陽

どうです??
綺麗ですよね〜!!素敵な町ですね!



てなわけで、もったいぶって明日に続きます。
ヤハハ。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、明日書きません。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!


★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

料理はメンズライフを豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文