東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

映画・アニメ

【recipe】塩豚と豆とキャベツのスープ/【movie】ディリリとパリの時間旅行

IMG_6911

★ ★ ★ ★ ★
本日もオカポエムにお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってるぜ!

★ ★ ★ ★ ★ 

先日ね、恵比寿のガーデンシネマでパリのアニメーション映画なんぞを見ましてね。

それだけ聞くとどこのセレブですか、というね。

ひとりだったんですけどね。


ダウンロード
【ディリリとパリの時間旅行】

時は1900年代初頭ベルエポック期のパリ。ニューカレドニアからの移民少女ディリリが、謎の青年と協力しながら、当時の時の人である政財界人、文化人などと交流しヒントを得つつ、街で横行している少女誘拐事件の真相に迫る、という話です。


しかし日本のアニメーション手法に慣れ切ってしまうと、たまに海外のアニメーション映画見るとなんか新鮮ですよね。

正直日本のアニメ制作力は世界において圧倒的だと思います。
キャラクター造形、や所作、表情の機微、つまり人間の表現力において、他の追随を許しません。海外で日本のアニメが大人気なのも頷けます。

対して海外のアニメーションで名作を生むためには、出演者にドラマを期待するのではなく、映画自体の「世界観」の表現力を高める、という方向にいくわけです。ゆえに人間ドラマというよりは、絵本のような作品になっていく傾向にあり、まさに本作もそういう雰囲気です。

キャラクターはのっぺりとしたドアニメな感じなんですが、一方で背景を実写ベースで作っているというのも非常に面白い試みです。

ストーリーは単純でひねりもあるわけではないのですが、ちょっと不思議な絵本のようなアニメ表現とパリの情景を楽しむ作品ですね。

パリへの愛が詰まっており、古き良きパリの街並み、エッフェル塔、オペラ座、美術館に博物館、公園…… そして登場するのも当時の時代を駆け抜けた著名人たち…… フランスに行ってパリを愛した方ならワクワクするような映画だと思います。主人公が移民の少女、というのがまた実にフランスらしいですね。

フランスの映画賞である「セザール賞」の最高アニメーション賞を受賞しました。



■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_6911
【塩豚と豆とキャベツのスープ】 2人分
キャベツ 3枚
塩豚 50g
ミックスビーンズ 30g
水 2カップ
コンソメ 小さじ1/2

1.キャベツは適当な大きさにざく切りする。塩豚は拍子木切りにする。
2.鍋に水、塩豚を入れて煮立てたらアクを取り、キャベツ、ミックスビーンズを加える。
3.コンソメで調えたら完成。


というカンタンな料理。
塩豚は昨日の記事をご参考。

本日ここまで! ドン!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】青海苔の玉子焼き/【movie】メランコリック

IMG_6769

★ ★ ★ ★ ★
本日も本当にあった岡い話にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってるぜ!

★ ★ ★ ★ ★ 

土曜、甘美な響き。
そんな日は映画三昧。

320
【メランコリック】 2019 日本

東大を出たものの社会に馴染めず職を転々としていた主人公が新たなアルバイト先として選んだのは家の近くの銭湯。同級生の女の子と会えるからという若干不純な動機で働きだしたのですが、そこは主がヤクザと通じており夜な夜な殺人の現場として貸し出されている闇銭湯で…… という話です。


映画界に旋風を巻き起こした「カメラを止めるな!」以降、アンダーグラウンドなインディー映画の名作を求める風潮が若干強くなり、都内のミニシアターでもこれまでよりもさらにマイナー感ある映画を取り上げるようになってきたと思います。若干だけどね。

本作はそんな流れの真上にある映画でして、監督もキャストも皆無名、数人の自主映画的な感じで作られた作品なのですが、ストーリーと構成力が非常にしっかりしており映画好きの間で密かに話題になっています。東京国際映画祭のインディー映画に送られる部門で監督賞を取りました。


まず設定が最高にいい。
ヤクザの殺しの現場として、閉店時間後の銭湯を提供し、夜な夜なそこで殺しが行われるという設定が素晴らしいと思いませんか。血はそのまま洗い流せばいいし、死体はそのまま焼却すればいい。

そんなところに就職してしまったいわば「お勉強は出来たが社会人としてはダメな奴」となってしまっている主人公の再起の物語なのです。

この主人公が実はなかなか良くて、映画冒頭ではホント使えなさそうな奴なんですが、割と頑張るときは頑張るというか、同窓会にも一応行くし、彼女だって作るし、仲間のピンチは救いに行くし、ダメな奴なんだけどしっかり最後には掴むものは掴む、という視聴者側の主人公への感情移入のさせ方が結構うまいのです。

それからメインキャストのもうひとり、殺し屋役の同僚がこれまた良い。凄腕なんですが、使えない主人公にもしっかり敬意をもって接してくる文字通り「気のイイ奴」、冒頭はあまり出てこない彼が中盤以降に暗躍しだしてから物語は面白くなっていきます。

少ない登場人物の中に嫌な奴があまり出てこず、つまりキャラクターの作りが凄く良いんです。これがこの映画の肝なのかなと。

しかしインディー中のインディー作品ということもあり、結構な手作り感は否めず、キャストも玉石混交という雰囲気ですので、この制作陣がもっとレベルの高いキャストやスタッフと手を組んだ時にもっとすごい映画が出来るのではないかと期待してしまいますね。



■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_6769
【青海苔の玉子焼き】
青海苔 30g
卵 3個
出汁 大さじ2

1.卵を溶き、青海苔、出汁を加えてよくかき混ぜる。
2.玉子焼き器に油を引き、半量ずつ流し込んでは巻く、を繰り返す。
3.切り分けて完成。


青海苔多めで日本酒とともに。

本日ここまで! ドン!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】カツ丼/【movie】天気の子

IMG_6720

★ ★ ★ ★ ★
本日も本当にあった岡い話にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってるぜ!

★ ★ ★ ★ ★ 

今年の夏休みアニメ映画の目玉は、「天気の子」なのかなと。
「君の名は」で一躍国民的映画監督の仲間入りとなってしまった新海誠監督の最新作です。

見に行く前は、まわりの人たちからの評価は「賛否両論」。

「君の名は」のレビューの時にも書いたのですが、大衆向け映画を作れるようになった新海さんでしたが、本作はそれに対する若干のわかりやすいアンチテーゼ作品にもなっており、古参ファンはニヤリとする作品になっていたのではないでしょうか。


51bks2O7n6L
【天気の子】 2019 日本
島での生活に嫌気がさし東京に家出してきた少年帆高と、あることをきっかけに雨模様を晴天に変質させることができる能力を持った少女陽菜の出会いと別れの物語。新宿で路上生活ギリギリの状態になってしまう帆高をかくまう弱小編プロライターである須賀と夏美との交流を経て、距離が近づいていく陽菜に課せられた悲しき運命を打破するために奔走する少年の青春ジュブナイルです。


すいません、完全におっさんサイドの須賀さん視点で見てました本当にありがとうございます。声をやっていた小栗旬が同い年ということもあり…。


しかし映像美すごいですね。雨の表現は昔から凄まじい新海映画ですが、過去最高レベルの映像美、これを見に行くだけでも価値があると思いますが、もちろん大衆夏休み映画を意識した動きのあるストーリー展開を見せます。

登場人物たちの出会いと通わせ合いを描く序盤から、雨が一向に降り止まない東京で「晴れ間」を作ることにビジネスチャンスを見出した主人公たちの行動、陽菜の運命と救済に奔走する帆高、そしてクライマックス、というストーリーの流れは非常にわかりやすくて綺麗です。


「君の名は」のような物語のドンデン返しを経験していると、ここがシンプルすぎてむしろ物足りないという人もいるかもしれませんね。それから色々な設定の伏線が割と投げっぱなしなのは勿体ない。帆高の家出の理由、陽菜の母親、拾った本物の銃、局地的なダウンバースト、水の竜や魚…… といった壮大につながっていきそうな面白そうな伏線が、特に何も説明はありませんでした。これは、個人的にもちょっと物足りないところではあるのですが、後述する「セカイ系」の割とよくある形ではあります。



で、ここからちょっと突っ込んだ面倒くさい話をするのですが、賛否両論の「否」の方々の意見を聞いていると、大体が「君の名は、のような感じでなかった」「君の名はほど面白くなかった」という感じなんですね。

でもね、そりゃそうなんですよ。
「君の名は」と比べること自体がナンセンスなんです。

「平成狸合戦ぽんぽこ」を見た後に、「風の谷のナウシカ」と比較して話すとか、別にしないじゃないですか、ジャンルがまるで違うので。そういうことなんですよ、これは。

「君の名は」という作品は、あらゆる層に向けて放たれた超大作なわけです。そして、「『天気の子』は完全無欠のハッピーエンドじゃなかったし、主人公たちの行動にも違和感があります」とか言われるわけですが、そもそも「天気の子」はそういう風に作られていないのです。



「天気の子」はね、一見大衆的SFのように見えるんですが、00年代のサブカル系漫画やアニメでは有名な設定ともいえる「セカイ系」のド王道物語なんです。

セカイ系というのは、簡単にいうと、「僕と君の2人だけが世界の存続を担っており、君と世界を天秤にかける」という、そういう設定の作品を指します。君を選べば世界は崩壊し、世界を選べば君を失う。そのビターな切ない展開にこそ「美」があるというそういう作風なんです。

そして新海誠という監督はもともと、この「セカイ系」の作風で有名なアニメーターさんなわけですね。


ということで本作、この「セカイ系」という概念を知っているか否かで評価がガラッと変わるんじゃないかと思います。


つまり、「君の名は」は伏線の張り方やストーリーの展開、収束に至るまで、しっかりと作りこまれた王道の大衆ファンタジーだったわけですが、「天気の子」は伏線や細かい設定、言うなれば世界の方は置き去りにして主人公ふたりの「想い」に収束していく、そういう作品なわけです。そして監督は、「俺はもともとこういうタイプだよ」というのを大衆へのカウンターとして提示しているわけですね。

僕のような、もともと新海誠の何だか救われない感じの映画にハマッていた層は、「君の名は」には、若干のモヤりがあったわけですが、そういう層は、「新海監督やってくれたね!」とちょっと嬉しい気持ちでドヤりたくなるわけですね(とはいっても、「君の名は」自体は超絶傑作です)。

そういった意味での「天気の子」は、僕らが普段見慣れている東京新宿の街並みを、帆高と陽菜の2人の世界がどうリプレイスするかという、狂おしいほどに純粋な物語になっているのです。


長くなりました。
長くなるのは、書きたいことがたくさんあるから。僕にとっては名作の証です。



この予告ムービーたまんないよね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_6720
【カツ丼】 1人分
ロースかつ 1枚
ごはん お好み
たまねぎ 1/4個
卵 1個
*出汁 大さじ2
*しょうゆ 大さじ2
*砂糖、みりん、酒 各大さじ1

1.カツはオーブンなどでサクッと温め、切り分ける。
2.小鍋に(*)と薄切りにしたたまねぎを入れ、煮立てる。
3.たまねぎに火が入ったら(1)をのせ、落とし蓋をして弱火で煮込む。
4.煮汁が半分以下になったら、溶いた卵を回しいれて火を止める。
5.ごはんに(4)をのせて完成。


カツは煮てしまうので総菜や、あまりのトンカツなどで十分です!

本日ここまで! ドン!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】鶏肉とたけのこのチリソース/【movie】Summer Of 84

IMG_6524

★ ★ ★ ★ ★
本日も日本岡崎話にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってるぜ!


★ ★ ★ ★ ★ 

夏ですねぇ。

こんな暑い日々には、稲川淳二のこわーい話。

か、こわーい映画。

そんな夏の映画を今日は紹介します。

3bd5fb466373d7c5
【Summer Of 84】 2017 アメリカ・カナダ

地元で起こる連続殺人事件を自力で解決しようとする少年たちの、80年代へのリスペクトをふんだんに盛り込んだ、青春ジュブナイル&サスペンスホラー映画です。

隣人である警察官が犯人だとあたりをつけ、スパイごっこさながらに調査を開始していく面々ですが、さあ結末やいかに。

スタンドバイミーへのオマージュと囁かれているように、主人公、イケイケ、デブ、眼鏡という少年4人が冒険をするという構図はまさに80年代。くるぞくるぞそれやばいやつや…ドーン!!というお決まりのホラー的演出も、ベタすぎて逆に気持ちいい。音楽もあの時代のダッサいシンセサイザーを使った音楽ばかりで時代感を演出します。

そして映画自体はドキドキというかワクワクな雰囲気でサスペンスしていくのに、結末がまさかの後味胸クソ映画だったというところも、わざとやっているんだろうな~。チープなB級感を「敢えて」狙ってやってるであろうところが、逆に新鮮でした。今こんな映画見ようと思ってもなかなか見れません。

そういった意味ではあざとい作品ですね。



■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

【本日のレシピ】
IMG_6524
【鶏肉とたけのこのチリソース】 2人分
鶏肉 200g
たけのこ水煮 250g
ねぎ 白い部分1本程度
きくらげ お好み
卵 2個
*酒 大さじ2
*ケチャップ    大さじ4
*ナンプラー 小さじ2
*鶏ガラスープの素    小さじ2
*豆板醤    小さじ2
にんにく、しょうが 1片ずつ
パクチー 適量

1.鶏肉はひと口大に、たけのこは短冊切り、ねぎは斜め切り、きくらげはお好みの大きさに切る。にんにく、しょうがはみじん切りにする。
2.フライパンに油を熱し卵を炒めて取り出す。
3.にんにく、しょうがを弱火で炒め、香りが立ったら中~強火に上げて鶏肉、たけのこ、ねぎ、きくらげを炒める。
4.(*)を炒め合わせたら、卵を戻し和えて完成。パクチーを刻んでのせる。

どうぞビールと白米で満足してください。

本日ここまで! ドン!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】ボリュームサンドイッチ/【movie】シンク・オア・スイム

IMG_5734

★ ★ ★ ★ ★
本日も日本岡崎話にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってるぜ!


★ ★ ★ ★ ★ 

おはようございます、東京オカザキッチンは土曜日は無敵艦隊です。

連日甲子園に沸く夏の時期ですが、やはり何であっても「スポ根」ものというのは胸が熱くなります。現実世界では最早はやらないし下手をすればハラスメント扱いの「根性論」にしても、映画や漫画といったフィクションとなるといまだに人気ジャンルなのではと思います。

そして今日紹介する映画は、おっさんたちのスポ根映画です。

320
【シンク・オア・スイム】 2018 フランス

失職中の主人公を筆頭に、仕事も私生活も立ち行かない中年男性たちが、シンクロナイズドスイミングに希望を見出し、それに打ち込み大会を目指すことで自分の尊厳を取り戻そうともがくヒューマンドラマです。

とても綺麗な映画でして、いや美しいということではなく、映画としてのお手本のような映画で、明快なストーリーにクセのあるキャスト、わかりやすい起承転結に、笑いの伏線の回収、ラストのシンクロ大会の湧き踊る演舞シーンから感動シーンにつなげてハッピーエンド…… と、フランスコメディ映画として、非常に優秀なエンターテイメント映画だと思います。

いい年したおじさんたちが、大した葛藤もなく男子シンクロというマイナー競技に打ち込んでいく部分に若干の違和感がなくもないのですが、オッサンのシンクロシーンに特に抵抗がなければ笑、2時間あっという間に楽しく見終わると思います。

ちなみに、原題は「La Grand Bain」、日本語訳で「大きなお風呂」。タイトルとしてはこっちの方がよっぽどセンスありますね。

いや僕ね、本当にいつも思うんですけど、なんで映画の邦題ってセンスがないものばかりなんでしょうか。タイトルだけでお客さんを呼び込めるように原題を変えるというのは、(本当は好きじゃないんですが)まぁわかります。でもタイトルって映画の顔なんですから、世界観に沿ったセンスの良いタイトルをつけてあげてほしいと思います。

「シンクオアスイム イチかバチか俺たちの夢」て。
グッとこないんだよな。

映画自体はすばらしいからさ。



■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
IMG_5734
【ボリュームサンドイッチ】 2人分
食パン 四つ切り 2枚
バター 5g
レタス 2枚
トマト 1/2個
アボカド 1/2個
ゆでたまご スライス
スモークサーモン 25g
ハム 25g
チーズ お好み
*ケチャップ 大さじ1
*はちみつ 小さじ1
*ディジョンマスタード 小さじ2

1.食パンはバターをぬる。うち2枚にはチーズとハムをのせ、4枚炙る。
2.ハム、チーズののったパン、(*)、レタス、トマト、アボカド、ゆでたまご、サーモン、パンの順に挟む。
3.半分に切る。


ボリュームすごいが幸せな瞬間!

本日ここまで! ドン!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

基本的に、どうでもいい話とレシピで紡いでいます。音楽、映画レビューや旅行記なども。

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
記事検索
Facebook
公式Facebookページ ほぼ記事更新のみですが…。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文