東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

国内1

なめこと納豆のぶっかけうどん/【travel】三本の矢が行く Vol.1

毛利の教えを守らない、東京オカザキッチンです。
3人が集まれば折れないだと??僕らはいつどうやって出し抜こうかを常に考えています。

さて昨日、三本の矢の話をしましたが、この土日はその3人で千葉の外房へ旅行していました。
その布石のための昨日の記事であったわけです。


普通土日を使った旅行というと、ワクワクしながら色々計画して朝から出発していくものですが、僕らは全員朝から予定を空けてあったにも関わらず、出発は午後3時でした。しかも行き先が決まっていないという鬼のアバウトさ。

ふつうにありえません。

とりあえず会ってから、千葉でB級グルメとして密かに名を馳せる「勝浦タンタンメン」を食べるという名目のもと、レンタカーをして千葉方面に向かってみることにしました。


ですが出発間際に、1ヶ月くらい前に合コンした女の子から「今日ごはんに行かないか」という誘いがきたんですね。前々から約束していた高校十年来の友人との旅行計画と、合コンで知り合った女の子との急な誘い。どっちを取るかなんて考えるまでもありません。



後者です。



旅行記、 ~ Fin ~

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

というのは冗談です。

いや、お誘いは冗談じゃないのですが、さすがに僕もそこまで鬼ではないので、ちゃんとお断りしましたよ。別の日にしてね。楽しみです。


さて、午後3時からレンタカーをしましたので、車を走らせるとすでに陽が傾きだしているという意味のわからない状況です。僕らは、頻繁に洋楽系フェスに行ったりクラブ行く位に音楽にはこだわりがあるので、車内ではAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」が延々とリピートされていました。

アクアラインの海ほたるでは、屈辱の3人集合写真を撮ってもらい、試しにFacebookに上げてみたら、仲間内の嘲笑の的になりました。

アクアラインから眺める夕日は非常に綺麗で、「あぁ、この旅行ももう終わりだな…」 とちょっと感傷的になっていたのですが、よくよく考えてみたらまだ出発直後でした。


続く。

IMG_9891


え、終わんの早くね? いや、帰ってきてから記事書いているのですが、もう眠くて眠くて。
続きは明日以降に。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

行きましょう!

IMG_9836
【なめこと納豆のぶっかけうどん】 1人分
うどん 1玉
なめこ 50g
納豆 1パック
豚ひき肉 40g
しょうが 1/2かけ
ねぎ 適量
めんつゆ 50cc
温泉卵 1個

1.しょうがはみじん切り、なめこは湯がいて水でしめておく。
2.フライパンに油を熱し、しょうがを炒める。香りが立ったら豚ひき肉を炒め、火が入ったら納豆となめこを入れる。
3.火を止め、(2)をうどんにのせ、めんつゆを回しかける。温泉卵を添えてねぎをたくさん散らして完成。

栄養しっかりうどんです。
冷蔵庫内の整理にも役立つ一品になるかもしれませんにょー。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、食材と一緒に一掃されます。

これまでの御品書 → コチラから! 

デミグラチキン/【travel】三本の矢が行く!vol.2

不撓不屈の東京オカザキッチンです。
そんな人間に私はなりたい。

---(前回のあらすじ)-----
結婚した仲間たちに見捨てられ、暇を持て余していた31歳の男3人組「三本の矢」。土日を使った旅行、行き先は京都?東北?はたまた海外へ!?のところ、まさかの午後3時出発で千葉の外房へ。一番の男前オカザキッチンがデートでドタキャンしそうになるという危機を乗り越え、夕陽を背に浴びながら車は千葉に向かいます。
-------------------------------


主題歌 neco眠る 「縁側でダンスホール」

この番組は、ご覧のスポンサーでお送りします。
 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 



まぁぶっちゃけたいした旅行ではないので、あと3行くらいで終われるのですが、頑張って文量を増やしてみます。

さて、女の子とのお食事を蹴ってまで向かった千葉方面ですが、適当に車を走らせて鴨川周辺に着いたのは良いものの、宿がない。井上陽水で言う傘くらい無い。今回に関して言うとノープランもいいところなので、着いてから探せばいいかということで観光案内所に行ってみると、すでに閉まっている17:30。チーン。


まぁわかってたんですけどね。鴨川の観光案内所が残業なんかしてるはずがないって。
何となく行けばなんとかなるべ的な場当たり現実逃避を皆していたわけです。

しかもやれメシがないと嫌だの、やれ温泉に入れないと嫌だの、やれ部屋と風呂から海が見えないと嫌だの、それでいて格安じゃなきゃ嫌だの、わがまま言いたい放題の車内17:45。ズーン。

電話攻勢が続く中、全室オーシャンビュー、海が見える温泉あり、メシは無いけど云千円の宿が一室空いているということで、もうそこ決め打ちで向かいました18:30。地元の寿司食ってからね。

IMG_9899



で、ここが意外と良くて、オーシャンビューの露天風呂がありまして、しかもファミリーが多かったのか夜10時くらいに露天が貸切状態。


となればやりたいのはコレでしょう!



index


あ、間違えました。
これはバンコクのニューハーフショーでした。

こっちです。

IMG_9908

月見酒です!

んー、まぁ男3人で月見酒、これがこの旅行のハイライトかな。
(宿の人に見つかったら怒られそうですが・・・)


太平洋を望む露天風呂なので、翌朝はもちろん早起きしてこれです。
風呂入りながら朝焼けを見る。 そう、俺たちは勝ち組。

IMG_9914



翌日は「道の港」なるところで、朝出来たてのアジの干物定食に舌鼓を打ち、鴨川から勝浦へと向かいました。今日も、「恋のフォーチュンクッキー」が絶好調です。


IMG_9917



勝浦には、ご当地B級グルメ「勝浦タンタンメン」なるものがありまして。

まぁ担々麺といっても、いわゆる皆さんが想像するようなコクのある胡麻味噌ベースのものではなく・・・、しょうゆラーメンの上に、ラー油をふんだんに使った具を乗せた真っ赤な地獄麺

これはもう百聞は一見にしかず。


南房総 (101)

あかっ!!!! このインパクトたるや。
スープを飲むのが恐い。

15歳の思春期にゆりちゃんのことが大好きだった僕の恋心
のように赤く燃え上がるスープは、主にラー油と唐辛子。そして炒めた豚ひき肉と玉ねぎ。はっきり言って、死ぬほど辛いです。

あのですね、僕は辛いの苦手なんですよ。
これを食べたから腹を壊す。いやむしろ腹壊すからこれを食う。
因果律を逆転させるほどの、約束された腹痛。

でもラー油の風味と玉ねぎの甘みが実にうまくマッチしていて、意外と食えてしまうんですね。辛いのにうまい。きついのに食ってしまう。

「ゴホッ、ゴホッ、 う、うまいなゴホッ」
「み、水をくれゴホッ。スープもうまいなゴホッ」

「ズズーーッゴホッ。麺すするのは危険ゴホッ」

と、むせながら食うラーメン。

IMG_9924

しかしですね、今回我々、勝浦タンタンメンの名店「はらだ商店」に行ったのですが、なんと2時間半待ちました。これはいただけない。ここまでラーメンで待ったのは初めてかもしれません。

本当は観光らしいことしようと、色づき始めた養老渓谷にでも行こうと思っていたのですが、まさかの店を出るのが15:30という状況だったため、急いで帰路につきました。



帰り道、僕らは気づきました。

「今日、メシ食っただけやん」 と。


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

中身のない旅行記だけでは申し訳ないので、身のある料理を載せておきます。

IMG_9879
【デミグラチキン】 2人分
鶏もも肉 300g
塩、こしょう 適量
にんにく 1かけ
オリーブオイル 適量
*デミグラ缶 100g
*ケチャップ 大さじ1
*しょうゆ 小さじ1
*砂糖 小さじ1
*バター10g
*水 大さじ1

1.鶏もも肉は大き目サイズに切り、塩、こしょうで下味をつける。
2.耐熱皿に、にんにくスライスを敷き、肉を乗せたらオリーブオイルを回しかける。
3.220度に熱したオーブンで25分ほど焼く。
4.その間、フライパンで(*)を温める。焼きあがったチキンにかけて完成。


男子ごはんですね。
肉食系女子ごはんでもあります。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、勝浦タンタンメンに沈められます。

これまでの御品書 → コチラから! 

【food】山梨郷土料理/【music】The Mooney Suzuki

大阪からおおきに、東京オカザキッチンです。
絶賛出張中です。

先週末から来週くらいまで、料理する時間がたぶん一日たりともありません。忙しい中でも忙しさを微塵も見せないが信条なのですが、忙しいフリすれば皆さんの優しい言葉をいただけるかな、なんて思いましてね、そうですね、それ言っちゃうのが一番かっこ悪いことに気づきました。なかったことにしてください。

本日も絶賛ニート中です!(極端)


というわけで、今日は先日食べた山梨グルメの紹介をしたいと思います!

R0015513

山梨に旅行すると大体食べる郷土料理が「ほうとう」です。
野菜の味噌煮込みうどん、ですかね一言でいえば。うどんも太くてモッチリしたもので、かなり食べごたえがあります。特に、ホクホクのかぼちゃが煮込まれているのが凄く美味しいんですね。週末は真冬並みに寒かったので、とても温まりました~。


IMG_0448

それから、僕今回はじめて食べたんですけど、最近山梨でメキメキと人気をあげている、「吉田うどん」。農水省の「郷土料理百選」というのがあるのですが、山梨では、ほうとうと吉田うどんがそれにあたるんだそうです。

ちなみに、僕の地元神奈川県の郷土料理百選は、「へらへら団子」「かんこ焼き」だそうですが、初めてその名を聞きました。もっと何かあったんじゃなかろうか。

ほうとうに比べて、より「うどん」といった感じですね。ほうとうは「野菜煮込みにうどんも入っている」って雰囲気なんですが、こちらはあくまでうどん主体です。麺はかなり強いコシがあって硬い。具にキャベツが入っているのが特徴的でした。

吉田うどんは、地元の有名店に行ってみたのですが、あまりの美味さに衝撃を受けました。これはまた是非河口湖方面に来たら食いたいなぁ、と。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日はロックンロールです。


The Mooney Suzuki - Erectric Sweat

日本人の我々からすると究極にダサいバンド名ですが、曲は極めてロケンローでかっこいいですね。

ニューヨークのバンドですね。ド直球の問答無用ロックが気持ちいいです。6,70年代のガレージパンク直系で、00年代頭くらいに主にイギリスで活躍しました。

酷いもんで、この曲の入っているアルバムの日本盤のタイトルが「電気汗」でした。そして次のアルバムの日本盤タイトルが「スズキはやる気」。

誰も買わんだろ、、、。担当者のセンスを疑います。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

さて、本日はここまで。

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、大阪から僕が帰ってこなくなります。
応援よろしくお願い致します!!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

ブリ大根/【travel】白神山地

国境のトンネルを抜けると雪国であった。
夜の底が白くなった。


川端康成「雪国」の冒頭です。
夜の底が白くなった、なんて表現、天才としか思えません。


どうも、こんにちは。
やみつきになってしまうのはよっちゃんイカか東京オカザキッチンです。
キャベツ太郎先生も良いライバルですね。あれも僕の妄想くらい止まりません。
ポッキーもやみつき代表ですが、僕はボッキーの方が好きです。


どうでもいいくだりで失礼しました。
アカウント消されないように今日もひっそりといきたいと思います。


さて、そんな雪国ですが、先日ブログつながりのyamauchiさんから、twitter経由で白神山地お膝元の写真を送っていただきました。もう大雪状態ですね。同じ日本とは思えません。

IMG_1694


白神山地は、実は僕学生の頃に行ったことあります。
当時の彼女とラブラブ旅行だったのでよく覚えています。
皆さんにも紹介したいと思います!


ちょっと待ってね、写真探してみます。



えーと…。




……。






一人旅でした。



記憶が改竄されていました。



当時学生だった僕は、お金をためてタイを旅しました。
ですが、まだバックパッカーの肌感覚に慣れていなかったため、思った以上にお金が余ってしまったのですね。ならば夏休み、この残った3万円を使って風俗に……ゲフゴフ……ではなく、もうひとつ国内旅行でもしようかななんて思い立ちまして、9月末に夜行バスで青森に向かったのです。

皆さん夜行バスはイヤだと言いますが、東南アジアの劣悪夜行バス乗った直後だった僕は、日本の夜行バスはビジネスクラス並みやな!と思いました。実に安い男でした。



数日使った青森旅行ではありましたが、目的は世界遺産「白神山地」です。当時日本の自然遺産は白神山地と屋久島のみでして、まぁ屋久島はインパクトあるので誰もが知っているのですが、白神山地は案外マイナーというか、いったいどんなところなの、何があるの、って知られていないものでした。今もそうですよね。


最大規模のブナ原生林が世界的にも大変貴重な白神山地なわけですが、例えば屋久島の縄文杉といったように、ランドマーク的な何かがあるわけではないので、言ってしまえば、ひたすら山。原生林の山々が延々と広がっているに過ぎないのですが、それでも雄大な山の景色は見る者に迫ってくるものがありました。


P1010044

P1010040



そして白神山地はとにかく水が綺麗でした。
ここでひとり岩の上に座って弁当を食べたのもいい思い出です。

P1010048

ここ、大変気持ち良くて感じるものも強く、女子的に言うとパワースポットでしたが、そういうの僕はどうでもいいので、普通にお弁当食べました。


また、白神山地には「十二湖」と呼ばれる湖沼群があるのですが、そのうちのひとつに「青池」と呼ばれる湖があります。まぁ湖と呼ぶにはちょっと小さい水たまりみたいな池なんですが、非常に透明度の高い深いブルーを観ることができます。

恐らくここが一番の白神山地スポットなのではないかなぁと思います。

P1010055

P1010057

なぜこんな青色になるかというのは、特に解明されていないらしく、とても神秘的な雰囲気を持っています。特に陽光が差し込んだときに、底の方まで鮮やかなブルーが透けて見える様は、見ごたえ抜群でしたね。


と、そんなこんなで白神山地の見どころをなんとなく一日がかりでまわりつつ、僕は山地のふもとのバス停から青森駅に向かうことにしました。

これがまた遠いんです。


BGM 七尾旅人 Memory Lane






夕暮れの道、バスに乗っていたのは僕ひとりでした。

P1010064

窓から見える風景は、東京では見られない黄金色の田園風景でした。ただそれだけの風景が遠くまで続く何の変わり映えもしない景色に僕は言葉を失いました。


旅の雰囲気がそうさせるのか、僕はバスの運ちゃんに、関東から一人旅で来たんだと言いました。

運ちゃんは、
「そうか。兄ちゃん、学生なのにこんな何もないところ、来てくれてありがとうな!」

と、僕しかいない車内に向けて、アナウンスで言いました。



でも僕は、何もないとは思いませんでした。
少なくとも東京には、こういうシチュエーション、こういう心遣いに触れることはあまりないなと思いました。


「何もない」って、何がないことなんだろう。
「何かがある」ってのは、いったい何があることを言うんだろう。



僕は、「大切なもの」とは一体何なのかということをこの頃から考えるようになりました。

それは、間違いなく旅から学んだことなのです。


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

ブリかまが1kg500円で売っていました。
これ安い!ブリ大根作る! 買いました。
作りました。 鍋ふたつ分できました。
愕然としました。 1週間ブリ大根食ってました。

IMG_1668
【ブリ大根】 おひとり様1週間分
ブリかま 1kg
大根 1/2本
しょうが 1かけ
塩、酒 適量
*水 かぶるくらい
*酒 100cc
*砂糖 大さじ2
*みりん 50cc
*白だし 大さじ1
※水 追加分
※酒 50cc
※しょうゆ70cc
※砂糖 大さじ1

1.ぶりかまは表面を洗って塩をして15分放置。一度洗い、熱湯にくぐらせる。
2.大根は4,5cm幅に切り、かつらむき、面取りしたら好みの大きさに切る。20分ほど弱火~中火で下茹で。
3.千切りにしたしょうが、(1)を(*)で煮立ててから弱火で2~30分程度煮る。
4.大根、(※)を加え、さらに煮ていく。30分~好みの状態まで調整して煮る。


最高ですね、ブリ大根。
一度つくったら、ひと晩放置して冷めていく過程で味を沁み込ませると本当の意味で完成ですよ。


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、ブリ大根1ヶ月食い続けます。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko

皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!


★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

かまぼこの味噌漬け/【travel】ちえみの逆ハーレム旅行 vol.1

ジャイアントキリングの東京オカザキッチンです。

まぁこの連休はちょいちょい用事をこなしているのですが、前半戦のイベントとしては、「ちえみの逆ハーレム旅行」というものがありました。

2015-09-19-17-37-33

綺麗ですね。
伊豆の熱川というところです。

ちえみというのは高校時代の同級生なのですが、今回シルバーウィークの近場旅行を提案したところ、男4女1という布陣になってしまいまして、僕らの女友達の結婚・子育てピークを感じたとともに、

「これだったら男だけで行った方がよかったな」
「中途半端に女の子に声かけられないし」
「お前、帰っていいぞ」


と、散々文句を言ったのですが、この女王蜂旅行が実現されることになってしまいました。


このちえみという子、当ブログには初登場かもしれませんが、極度の酒飲みで、毎晩ワインのボトルを開けているようなとてもだらしない子なうえに、「宿選び私がするくらいだったら私行かない」とか言い出す極度のめんどくさがりで、これで某有名アパレルブランドの企画販売をやっているというのだから本当に不安になります。実は全部ウソなんじゃないかと思っています。



さて、まっとうな価値観を持っている友人たちはほとんど結婚して幸せな家庭を築いておりまして、残された僕らは、

中東勤務目前の遊び人商社マン
女と金に飢えた料理ブロガー
カードゲーム&戦隊モノおたく
毎日30kmランニングしてる奇人
そして独身街道を突っ走る酒飲み


という、北朝鮮当局も手を出しづらい鉄壁の駄目大人の布陣です。



僕らはいい大人ですから、「朝早くから集合して、どこに行って、あそこに行って、それでそれで!」とキャピキャピしません。

今回も昼過ぎに集まり、たぶん地元を出たのは14時くらいでした。当初、せっかくだから14時くらいにチェックインするか、なんて声もあったのですが、ふたをあけてみればこの体たらくです。えっちらおっちらと向かい、18時ギリギリに到着しました。

2015-09-19-14-39-28

助手席でビールを飲みながら寝ているちえみを高速道路に蹴り落とそうかと思いました。



さて、伊豆といえば魚と温泉、これに尽きます。

2015-09-19-18-32-17

やっぱり金目鯛の煮付けなどをガッツリ食べたいぞってなもんです。
ビール飲んで、いい日本酒飲んで、うまい魚を食う! これは至福の時ってなもんです。



そして、月見酒。

2015-09-19-23-39-38

貸切露天が大人気だったため、夜11:30~男4人で月見酒。

これは正直危ない。酔っぱらって翌朝風呂に浮いているのを発見なんてのもあり得ない話じゃない。いまどき露天風呂での月見酒を推奨している旅館なんてあまり無いと思うのですが……。まぁでも気持ち良く飲みました。


vol.2に続く。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

お酒とともにどうぞ。

image
【かまぼこの味噌漬け】 2人分
かまぼこ 150g
米味噌 大さじ1
白みそ 大さじ1
みりん 大さじ1

1.みりんはレンチンで煮切る。
2.すべて材料を和え、かまぼこ全体に塗って、ラップで包んで冷蔵庫でひと晩以上置く。

てな感じで簡単ですね。
切り分けてどうぞ! ほんのり入る味噌の風味がたまりません!
 
本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 

 

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
 



↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!

ボタンを押さないと、かまぼこの角に頭ぶつけて死にます。
応援どうぞよろしくお願い致します。

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

Instagramアカウントはこちら!
Instagram

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

どうぞ応援よろしくお願い致します!

Shadow
Little Barrie
Tummy Touch
2014-06-24






【event on blog】
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

そして、これまでのレシピ → コチラから!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~

私の台所が激しくひん剥かれています。是非!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile

『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

料理はメンズライフを豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
note
noteにて料理にまつわるコトや日々の徒然文章を書いています。

こちらから。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文