東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

国内2

【travel】うどん天国/【recipe】大阪イカ焼き

image

はぁ~~!!
なんでこんなに香川県のうどんって美味しいんですか!

さすが空港の椅子がうどんなだけのことはあるよ!

udonken (90)


なんというか、誇りやソウルを感じますね。
香川にうどんあり、と。

蕎麦は全国あらゆる土地がしのぎを削っていますが、うどん=香川県、となるあたり流石と言わざるを得ません。


この旅行で4回うどん食いましたよ。

1.
udonken (8)


2.
udonken (9)


3.
udonken (12)


4.
udonken (91)

どや!!
思い出しただけでよだれが出そうです。


うますぎてむしろ早朝から食ってましたよ。
早朝なのに並んでる店とかありましたよ。



日本一生活習慣病の多い県
なだけのことはありますね。
こんな生活してたらすぐ病気になりそうです。

でもそれでもやめないところに誇りを感じます。


こっちで見てて面白いなぁと思ったのは、OLのお姉さんとか女子高生なんかが、単独とか2人とかで普通にうどん屋に入ってズルズル食べてるところですね。それが当たり前の光景なんですね。香川の人からしたら考えられないかもしれませんが、東京あたりでうどん屋に一人で入ってくるお姉さんなんて、いないこともないですが、そんなに多くはありません。

良きことかなと思います。

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■  
【本日のレシピ】
image
【イカ焼き】 2人分
イカ 1/2杯
青ねぎ 適量
小麦粉 50g
水 80-90cc
粉末だし 小さじ1/2
卵 1個

1.イカの下処理をする。
2.身、ゲソを 0.5mm~1cm幅で切る。
3.すべて材料をよく混ぜ、冷蔵庫で15分ほど寝かせる。
4.フライパンに油を引きふたをして片面よく焼いたら半分にたたみ、火が入ったら完成。


ビールがとまらないやつ。
大阪名物ですね!

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■ 
 
本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!

「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ

あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

直島に行ってきました/【recipe】豆乳鍋

2017-09-06-22-07-06


先日、直島に行ってきました。



ひとりで。



う、うぅっ……。




直島……、ベネッセのバックアップを受けたアートの島ですね。
安藤忠雄の手がけた地中美術館、草間彌生のかぼちゃのオブジェなどが有名でしょうか。


しかし驚いたのは、直島の観光客比率は、冗談抜きで、

日本人:外国人=3:7

くらいでした。
要所要所の係員は皆英語を不自由なく話すことができ、英語表記も結構整っていましたし、インバウンド観光整備の遅れているここ日本において、かなり意識的に進んでいる観光地だと感じました。

一方で、タクシーが一台もなく、島内はチャリかバス移動であるにも関わらずバスは30分~1時間に1本という鬼の不便さがあるのですが、その不便さも含めて島内の世界観に身を浸すという意味では個人的には良いなと思いました。直島自体は別にアミューズメントパークというわけではなく、今も島内に人が暮らす一般住宅地でもあるわけですから、あまり住民の生活に劇的な変化を与えてしまってもどうなのかなと思います。そういうものであっても既に多くの観光客誘致に成功しているのですから、来たい人だけ来ればいい、そういう島でもいいのではないでしょうか。

高松市内にいる分には、中国人、韓国人を見ることはあるのですが、こと直島には欧米系の観光客も非常に多く、アートアイランドとしての存在感を垣間見ました。



到着した宮之浦港のまわり、歩いて2,3分のところには、いくつかのアート作品が展示されています。


udonken (21)

草間彌生御大の「赤かぼちゃ」。


草間御大曰く、『太陽の「赤い光」を宇宙の果てまで探してきて、それは直島の海の中で赤カボチャに変身してしまった』とのことですが、何言ってんだこいつと思わないで下さい。アートの世界とは常に未知の体験なのです。



udonken (26)

直島パビリオン。
中に入れます。外人クルーが撮影してました。


udonken (30)

udonken (32)

銭湯。
これ入りたかったですね~~!残念。
今回は時間がなくて入れませんでしたが、行く機会が別にあれば入りたいです。


udonken (27)

udonken (28)

udonken (34)

udonken (29)

港すぐのところから古民家も多く、雰囲気はとても良いです。港そのものは近代的なため、アート作品含めて新しい風と、昔ながらの風が同居している、そんな感じですね~。

今回は直島には半日程度しかいませんでしたので、主要な観光ポイントをバスの時間を見ながら効率よく周ってきましたが、本当は泊まって2日間またいで訪れてもいいかもしれませんね。面白そうなゲストハウスもいくつかあるようですし、朝の島は気持ちいいですから。

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■  
【本日のレシピ】
2017-09-06-22-07-06
【豆乳鍋】 2人分

*昆布出汁 1カップ
*豆乳 1カップ
*酒、みりん 各大さじ1
*しょうゆ 大さじ1
*味噌 大さじ1
豚モモ肉 200g
椎茸 4個
ねぎ 1/2本
水菜 3~4束
ごま 適量

1.豚肉はひと口大、椎茸は1/4大に、ねぎは斜め切り、水菜は適当にざく切りにする。
2.(*)をあわせて火にかける。
3.(1)を煮立てて完成。


2人分で書いてますが、もちろんひとりで食べています。寂しい!

2017-09-06-22-12-00

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■ 
 
本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!

「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ

あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

地中美術館/【recipe】イカ肝とトマトのパスタ

image

街を歩くと段々クリスマスモードになってきています。
クリスマスを彼女と最後に祝ったのなんて…… 7,8年前な気がします。

それでのうのうと生きている自分が怖い。

高級レストランでシャンパン片手に彼女と「メリークリスマス」とか言ってはにかみたいお年頃、東京オカザキッチン(35)です。生きていてすいません。

12689799700



さて、ひとりに慣れきっているわたくしですが、先日香川県直島を一人で巡業してまいりました。

クロード・モネの睡蓮の絵画、ウォルター・デ・マリアの陽光の差し込み具合で表情が変化する巨大な球体オブジェ、ジェームズ・タレルの光と錯覚に訴えかける空間芸術、どれも迫力があり厳かで素晴らしいものだったのですが、それと並んで僕が感動したのは、美術館自体の世界観でした。

美術館自体が第4のアート作品ともいうべき、安藤忠雄が出がけたこの美術館、建物自体が自然景観を損ねないようにほとんど地中に埋まっており、ゆえに天井からしか採光ができないその性質とアートを組み合わせ、日の光によって展示作品の表情が変化するという効果が各作品において狙われています。

建築のことはよくわかりませんが、三角形や円形に進む動線や、コンクリート打ちっぱなしで照明の暗い冷えた印象の館内に突如切れ込みから光が差し込まれるような設計など、自分自身が特異な世界観に身を投じている印象を常に持たせる不思議な美術館でした。

chichu_top-thumb-1440x960-384
↑ 公式HPから


と、館内はすべて撮影禁止が徹底されていますので、このように言葉でしか伝えることができないのですが、直島アートプロジェクトの真骨頂がここにはありますね。当初、「時間もそんなにないから古民家改造エリアは行くとして、この美術館エリアは行かなくていいかぁ~」とか思っていたのですが、とんでもないですね。ここに行かずして直島行ったとは言えない場所でした。

takamatsu (36)

道中はかなりアップダウンの激しい道だったので、バスで行って正解でした。若い女の子2人が必死の形相で自転車漕いで坂を上っているのを横目に悠々と走っていってしまってすいません。

のどかで穏やかな日でした。

takamatsu (38)


■  ■ ■ ★ ■ ■ ■  
【本日のレシピ】
image
【イカ肝とトマトのパスタ】 1人分
パスタ 1人分
イカ 1/2杯
イカ肝 1/2本
トマトペースト 大さじ1
にんにく 1片
鷹の爪 1本
オリーブオイル 大さじ2
白ワイン 50cc
塩 適量

1.イカを輪切りにする。イカ肝は下処理をしておく。にんにくはみじん切り、鷹の爪は輪切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく、鷹の爪を弱火で炒める。
3.香りが立ったら中~強火にし、イカを加え白ワインを回しかけアルコールを飛ばす。
4.(2)~(3)工程と平行して、パスタを茹でて茹で上がったら湯切りする。
5.イカ肝、トマトペーストを(3)に加えてよく混ぜたら、(4)を加えて和え、塩で調える。


渋いんだけどオシャレ!おいしいですよ!

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■ 
 
本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!

「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ

あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

直島報告続きます/【recipe】牡蠣のオイスターオイル漬け

image

さて、香川ひとり旅の報告が続いているわけですが、昨日お届けしました直島の地中美術館からぐるっと道を北東の方面に向かう途中に、ベネッセの美術館兼宿泊施設だったり屋外アート作品が多数展示されているエリアがあります。


takamatsu (64)

takamatsu (63)

takamatsu (43)

takamatsu (55)


草間彌生御大の黄カボチャもありますよ。

takamatsu (69)

赤カボチャよりも僕はこっちの方が好きですね。


しかし屋外で自然と一体化したアートはいいですね。
屋内作品で完結しているより個人的には風景とあわせて見るアートの方が好きなのかもしれません。

takamatsu (58)

takamatsu (50)

takamatsu (49)

う~ん、のどかな島風景に紛れて世界的にも有名なアーティスト作品に触れる休日…… 贅沢じゃないですか。これは間違いなく大人の休日の過ごし方ですね。

なぜ俺はひとりなのか。
そこは考えないようにします。

まぁでもこういうちょいと前衛的なアートを前にしてうんちくを語ったり、「なるほどね」とか言っちゃうことほど寒いものはないと思うので、ある意味ひとりの方が良かったのかもしれません。

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■  
【本日のレシピ】
image

【牡蠣のオイスターオイル漬け】 3~4人分
牡蠣 20粒
オイスターソース 大さじ2
オリーブオイル 適量
ローリエ 1枚
にんにく1片

1.牡蠣を片栗粉(分量外)にて揉みこみよく流水で洗う。
2.フライパンに牡蠣をのせ火にかけ、スライスしたにんにくを入れ、3分ほど炒る。
3.オイスターソースを入れ、炒め合わせたら、瓶に入れ、オリーブオイルでひたひたにする。
4.ローリエを加えて完成。


すぐ食べれますが、冷蔵庫で1日寝かせてからがうまいです。
あまったオイルは、パスタとか他の料理に!

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■ 
 
本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!

「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ

あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

直島の本村エリア/【recipe】焼き葱の明太のせ

image

直島の「本村」という地域では、「家プロジェクト」なるアート展開をしています。

古民家や商店など人々の暮らしが今も普通にそこに存在している中にあって、家屋の中にアート作品が展示されているという、生活に密着したプロジェクトになっています。

他にも、直島が有名になりだして以降に出来たと思われる、古民家改造型のカフェやゲストハウスなどがちらほら見られ、個人的には結構惹かれるところのあるエリアでした。

takamatsu (73)

takamatsu (81)

takamatsu (80)

takamatsu (86)

ね、なかなかに雰囲気がありますよね。

そしてそんなアート作品の中で特に面白かったのが、ジェームズ・タレルの作品にあわせて安藤忠雄が設計を手がけたという、まさにハイブリッドアート「南寺」

takamatsu (82)

前後不覚になるほど全く周囲が見えない暗闇の中で、徐々に感覚が研ぎ澄まされてくることにより室内の概観が視えてくるという体験的アートで、アート作品の格などはよくわかりませんが「面白さ」という意味では、この直島屈指のものだと思います。

他にも社の階段がクリスタルになっている神社、民家の中に造られたプールにデジタルタイマーが沈んでいるアート作品、自由の女神像が屋内ぶち抜きで建っている歯医者跡など、古くからの木材建築と、新しいアートが組み合わさっている雰囲気が非常に新鮮です。

takamatsu (78)

takamatsu (83)


基本的に内部撮影禁止なのが惜しいですね。
是非皆さんのその目で見に行ってください。


と、半日でここまでまわれるとは思っていなかったのですが、何だかんだバスを効率よく駆使して、6時間ほどの間に、港周辺のエリア、地中美術館、本村エリア、と駆け足で欲張ってまわることはできました。まぁこれに銭湯入りたいだとか、他の美術舘もじっくり見たいとか、色々と欲を出すとこれ以上は無理ですね。


でもいい島ですねー。
このあたりの島巡りは、他にも豊島や小豆島、犬島といった見所が他にもありますから、もし機会があればまた来てみたいなと思った次第です。

瀬戸内の夕陽を眺めながらうつらうつらと帰りました。

takamatsu (87)

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■  
【本日のレシピ】
image
【焼き葱の明太のせ】 2人分
ねぎ 1/2本
明太子 2本
オリーブオイル 大さじ1/2
黒こしょう 適量

1.ねぎを1cm幅で斜め切りにし、トースターやグリルなどで焼き目がつくまで焼く。
2.明太子の中身をねぎに乗せ、オリーブオイルをたらして黒こしょうを挽く。


パク!酒グビ!

■  ■ ■ ★ ■ ■ ■ 
 
本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!

「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram      
「ID: okazakitchen」

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

そして、これまでのレシピ

あ行~さ行

た行~わ行 

からご覧下さい!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

feature_01

ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。

コチラから!

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【blog event】 
★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile

『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

料理はメンズライフを豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
note
noteにて料理にまつわるコトや日々の徒然文章を書いています。

こちらから。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文