東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

2014MOROCCO

ポークジンジャーチャーハン/旅に出る

料理ブログ界の旅人スナフキン、東京オカザキッチンです。

今回行くのはサハラ砂漠を抱えた国、つまり砂付近モロッコ王国です。

お寒い導入にいつも拍手喝采をいただいて、いつもありがとうございます。



ところで、これを書いているのは水曜の夜なのですが、そして出発は木曜の夜なのですが、さらに明日も仕事がフルであるのですが、まだ何も準備していません。それでも大丈夫。大丈夫だ…!大丈夫だきっと。

荷作りよりもブログを優先している東京オカザキッチンのこれから10日ちょい、ボタンね、よろしくお願いしますね。皆さんの愛を感じさせてくださいね。


しーん。





うおお。



さて、僕はいつも旅に出る前に必ず聴いてテンションをあげていく曲があります。
これ、旅に行く前は必ずこのブログに貼っていきますので、「こいつよっぽど好きなんだな」と思っていただけると幸いです。



ドラえもんのアニソンと思って馬鹿にするなかれ。

熱いぜ!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

さて何日でも腹がもちそうなこちらを提案して、僕は旅に出ることにします。

IMG_0887
【ポークジンジャーチャーハン】 2人分
ごはん 2膳分
豚バラ肉 200g
*しょうゆ 大さじ2
*水 大さじ1
*しょうが 1かけ すりおろし
*酒、みりん 各大さじ1
*砂糖 小さじ2
卵 2個
にんにく、しょうが 各1かけ みじん切り
豚挽き肉 50g
たまねぎ 1/4個
青ねぎ 適量


1.豚バラ肉は(*)に2~30分漬け込んだ後フライパンで炒めておく。
2.フライパンに油を熱し、にんにく、しょうがを香りが立つまで炒める。
3.強火にし、溶き卵を入れたらごはんを入れ、切るように炒め合わせる。
4.ひき肉、たまねぎ、青ねぎを入れ、塩こしょうを軽くしてあおりながら火を入れる。
5.チャーハンに(1)をのせて完成。

肉に肉、うまい。

男のチャーハンの新提案。間違いなくうまい。
豚しょうが焼きがありますんで、チャーハン部分は軽くの味付けで良いです。

申し訳ないけど、マジでうまい。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、今日でブログおしまいです。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

モロッコにおります

出張!何でも東京オカザキッチン。
本日はモロッコはマラケシュからお送りしております。


モロッコに来て絶対食べたかったのがコチラ!

2014-09-14-04-22-21

タジン鍋になります。
町で人気の大衆食堂で食べました。

あまりのうまさに感動した!!
なんかオシャレだし!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、今日でブログおしまいです。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

【travel】帰国しました!

帰国しました!

そして長々と書いて記事をアップしたのですが、うっかり消しちゃいました!
もっかいかき直しました。

てへぺろ!




さあ、今日から復帰です。
たいへん長らくお待たせ・・・ してない!
してませんよね!! はいはい、調子のりました!!
わかってますよ!わっかてますよーーー(涙)

すいません!!




今日からまたお願いしますね!
山崎パン工場の深夜アルバイトのごとく流れ作業でお願いします!

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 



さて、モロッコです。

IMG_1279

これはフェズ旧市街というところです。
モロッコはこんな感じのドラクエばりの町がけっこうあります。ワクワクしますね。


やっぱりモロッコはイスラム国ですので、文化の圧倒的な違いが面白いところでもあり、たまに厳しいところでもあります。僕らは普段仏教、キリスト教、神道…といった様々な宗教をごちゃまぜにして日々の営みを送っています。それが日本文化のいいところですが、世界三大宗教に名を連ねながらもほとんど僕らの生活に結びついてこないのが「THE・イスラーム」だと思います。多分、皆さんの生活で、イスラムの物事やカレンダー上の行事ってほとんど無いのではないかと思います。


今日からちょくちょく料理ブログらしい記事をあげていきたいなと思っている次第ですが、やっぱり食事を語るに際してはずせないのが、

豚肉食えない
酒呑めない


この2点ははずせないと思います。


この豚肉食えないって予想以上に厳しくて、日々食べ慣れてる豚肉がないってのは寂しいものだなぁと思います。「三種の肉」といえば、牛・豚・鶏 だと思うのですが、イスラムだと、牛・羊・鶏 なんですね。

僕は羊肉大好きなのでいいのですが、結構苦手だって人も多いですよね。
そんな人にはイスラム圏けっこうしんどいと思います。むしろ羊は肉料理の筆頭ですから。

「豚肉のタジンくれ」
とか言おうものなら、「お前は何を言っているんだ」となります。もしくは宗教上の相違は特にイスラムは怖いので、豚肉のぶの字も出しません。


それから、酒が飲めない。
これがしんどい。

海外行ったらやっぱりパーッと酒飲みたいじゃないですか!!
ビールがーっと行きたいじゃないですか。

でも実質売ってないので、スプライトで自分をごまかします笑。


まぁ正確に言うと、外国人向けのレストランや高級ホテルのバーなんかでは飲めたりするのですが、そこは郷に入っては郷に従えというかね、ちょっと違う気もするのでそこまで無理して飲みません。


IMG_1253

まぁ、砂漠では旅行者たちで酒持ち込んで宴会とかしたんですが笑、それはそれとして置いといてね。とにかくそんな飲料事情のモロッコ、僕が毎食毎食せっせと飲んでいたのがこれです。


IMG_1296

ちょ、ビールジョッキかよw



100%生絞りオレンジジュースです!
これが大体50~100円くらい。

これがうまくてうまくて毎食飲んでましたよ。
こんなの千疋屋で頼んだら1200円くらいするで。


では明日はせっかくですのでモロッコ料理について書きたいと思います!!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、モロッコ料理だけになります。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

【travel】タジン鍋!/【music】Queens Of The Stone Age

帰国便で隣のカップルがイチャイチャしていて一人旅の悲しさを俺は知った。
暗くなった途端にキスとかはじめんなや。起きてるわ!

ハネムーン撲滅運動家、東京オカザキッチンです。

決めた、次は絶対彼女と海外行こう。


10日以上近く日本にいないと何か革命的な事件や出来事が無かったものかと若干ワクワクするのですが、強いて言えば、うちの観葉植物が枯れかかっていたことと、「東京喰種」という大好きな漫画がさらっと最終回を迎えていたことが一番の事件でした。

母さん、日本は今日も平和です。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

さて、旅する戦う料理ブロガー、東京オカザキッチン、モロッコに行っていたということで、ここはせっかくの料理ブログなので、モロッコのお料理について触れたいと思います。やったね!

さてモロッコといえば、これ抜きには語れませんね。

2014-09-14-04-22-21

タジーーーーン!!

>呼んだかい?


出たー!
これがうまくて衝撃でした。日本ではいまやお馴染みですね、タジン鍋。まさか遠い地日本でタジンが流行るだなんてモロッコ人は思いもしなかったでしょう。「タジンとかレモンの塩漬けとか日本ですげえポピュラーなんだぜ!」って言ったら、他の国の人に「嘘つけ!」って言われました。

わかるよ。
でもマジなんだよ。

そう、タジンはもとより、今巷で話題の「塩レモン」ですが、これもモロッコの調味料なんですよね。
すごいぜモロッコ。



さてこのタジン料理ですが、オイルと素材と調味料だけで、水で煮込むって感じではありません。無水調理と言うんですね。ルク子やストウブでお馴染みのやり方ですね。なので、野菜の甘み、肉のうまみ、適度なスパイス、後方に感じる塩レモン、こういったシンプルだけど深みのある味、これが本場タジンです。

モロッコでタジンは定番料理です。
この旅行中、いろんなタジン食べました。
本当に、毎日のように食べていました。
つまり何が言いたいかというと、しばらくはいいです笑

上の写真のように、鶏肉や牛肉に野菜がのっかってるタジンが定番なのですが、ちょっと変わりタジンもあります。

mrc (259)

これはコフタタジン。コフタタジンといっても小蓋タジンでミニサイズという意味ではなく、寒すぎますね。すいません。コフタというのは、「羊のつくね」みたいなもんです。ミートボールですね。

ミートボールを煮込んで、上に卵が落としてあるんですが、この卵がいい仕事してるんですよ。白米くれ!と言いたくなります。


mrc (421)

アンチョビタジン。アンチョビタジンといってもチョビっとだけのタジンという意味ではなく、寒すぎますね。すいません。アンチョビというのは、わかりますよね、イワシのことです。

イワシとトマトのオイル煮込み、とでも名付ければいいでしょうかね。まぁ、そういった料理です。白米くれ!と言いたくなります。


あと、タジン鍋で作る定番伝統料理ですが、「クスクス」がありますね。
世界最小のパスタと言われている、ポロポロしたやつですね。

mrc (300-1)

食べたイメージだと、多分野菜を上にのせて、クミンやサフランの汁で炊く、というか蒸しているのかな。そんな感じですね。うまいんですけど、すぐ飽きる笑。


てなわけで、食の楽しいモロッコ料理でした。
まだ続く! (多分)

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

では行きましょう!


Queens Of The Stone Age - No One Knows

アメリカはカリフォルニア、ジョシュ・オム率いるQOTSAです。
石器時代のおかま、という意味なんだそうな。

こういったシンプルなブルース、ガレージロック感のあるハードロックサウンドを「ストーナーロック」というのですが、そういったジャンルの雄として知られているのがジョシュ・オムですね。

実はこのバンド、今回現地の砂漠ツアーで一緒だったアイルランド人がこのバンドのTシャツを着てて、「ジョシュ・オム好きなの?」 「知ってるのか!?」 って話からロックの話でめっちゃ盛り上がったという経緯があります。音楽好きで良かった。

彼とその彼女とはそのあとも、別の町まで車シェアして8時間ぶっ飛ばしたり、その先にある別の町で再会したりと、かなり仲良くなりました。アイルランドに興味が沸きました。こういう出会いも旅の醍醐味ですね!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、モロッコ料理だけになります。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

【travel】マラケシュ日和/【music】The Stooges

時差ボケ真っ只中、東京オカザキッチンです。
8時間の時差がありましたので、なかなかしんどいものがありますね。でも時差がなくてもボケてばかりいるので良しとしましょう。



今日もモロッコの話です。

モロッコ中西部に、「マラケシュ」という町があります。

この町は、世界遺産登録されている雰囲気ある町でして、旅行者たちは「モロッコに入ったらまずはこの町を目指す」というのがスタンダードな流れです。僕も朝の4時発の列車でこの町を目指しました。


・・・深夜4時前、出発地のカサブランカにてまだ真っ暗な中プラットフォームに入ると、一本ポツンと列車が停まっているのです。もしやこれが俺の乗る列車なのかな?と中を覗き込んでみると、車内とて電気も消えていて真っ暗なのです。しかしドアだけは開いている。入れと言わんばかりに開いている。1等、2等とある車両のうち、僕の取った切符は2等列車、座席の決まりの無いいわゆる自由車両なのですが、目が慣れてくると、中に人々が折り重なるようにして寝てるんです

ちょ、お前らずっとここにいるのかよww

恐らくどこかに泊まったりするくらいなら車両内で夜を明かそうとしているのでしょう。
びっくらしました。

mrc (10)

そんな列車で3時間ほど揺られ、マラケシュへ。

モロッコの様々な町は、大抵「メディナ」と呼ばれる旧市街地と、比較的最近生活圏として作られた新市街地に分かれます。当然旅行者が主に目指すのは、伝統的な生活の息吹が今も根付く旧市街地メディナであり、僕が目指す安宿などもこういったエリアに集中しています。

迷路のように入り組んだ路に商店や工房が所狭しと並んでいるその風景はさながらRPGのダンジョンかというような様相を呈しており、この商店街のことを「スーク」といいます。

mrc (41)

スークの各商店の入り口には、暇そうにしているおっさんが座っていて、

「カモ~ン ジャパ~ン」
「ミルダケ~ ヤスイ~」
「ビンボウプラ~イス」
「カガワ~ ナカタ~」


という非常に胡散臭い言葉で客引きをしています。







が、大体無視します。



日ごろくだらないことばかり言って皆さんにスルーされてるスキルを逆活用するときがきました。




スークの脇には、ジャマ・エル・フナ、通称「フナ広場」というだだっ広い広場があります。
ちょっと行ってみましょう。

mrc (34)

mrc (35)

こんな感じですね。


で、昼はガランとした感じなんですが、これが夕方に近づいてくると、どこからともなく大道芸人や楽器演奏者、縁日のゲームみたいな催し、そして屋台がガンガン立ち始め、ここら一帯はお祭のようになるのです!

mrc (67)

mrc (66)

mrc (60)

mrc (62)




僕?

もちろん屋台で食べました!!
おっちゃん、やってる??

mrc (80)




・・・。






なんで武井壮と吉田麻也がいるのかと思ったらモロッコ人でした。








mrc (79)

これはラムの煮込みですね。
肉ホロッホロでたまらなく美味かったです!! また食べたいです。

それから、ミントティーはモロッコのスタンダードドリンクなのですが、これがむっちゃくちゃに甘いのです。どれくらい甘いかというと、新婚初夜のカップルくらい甘いのですが、この乾いた気候だとなぜか美味しく感じてしまうから不思議なものです。

mrc (73)

ラムの臓物串があったり、

mrc (78)

前菜系があったり。

これはほんの一例ですが、屋台によって、羊肉メインのところ、シーフードメインのところ、タジンメインのところ……と様々で、気に入った屋台に各々座って食べています。


いやね、何がすげーって、毎日ですよ、これ。
毎日やってるんです。クレイジーすぎます。


そんなマラケシュ、フナ広場のお祭、本当は何日も何日も滞在していろんな屋台に顔だしてみたいなぁなんて思いました。

今日もマラケシュ日和だなぁなんて言いながら。
オレンジジュース飲みながら。
スークで迷いながら。




mrc (52)
>明日も続くよ!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

では音楽いきましょう!


The Stooges - I Wanna Be Your Dog

御大イギー・ポップ率いるアメリカのバンドです。60年代から70年代にかけて活躍したロックバンドですね。ガレージロックンロールのレジェンドとして、ボーカルイギーポップは67歳の今も筋肉ムキムキで現役活動中です。仙人の領域に入ってきています。

なぜ今日ストゥージズかといいますと、昨日も書いたアイルランド人カップルの姉ちゃんの方がストゥージズのTシャツ着てたんですね。若いのに渋い趣味してるなぁなんて思いましたが、イギーポップの話でひとしきり盛りあがったので、今日この記事でも是非皆さんに聴いてもらいたくて載せました。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、スークで迷って帰れなくなります。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

料理はメンズライフを豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文