東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

【recipe】豚バラ生姜焼き/【mountain】奥多摩長沢背稜

IMG_3569

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。
Instagramアカウント
ダウンロード
「ID: okazakitchen」 

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

先日、奥多摩最深部の秘境と名高い長沢背稜を歩いてきました。

IMG_3237


私オカザキ、この1年間すっかり登山野郎になってしまいまして、僕は趣味が昇華されると凄まじくのめり込む人間だというのは皆さん気づいていると思うのですが、まさに登山がこの1年のそれでした。

東京に住んでいると、奥多摩エリアというのは非常にアクセスも良く、何度も足を運ぶことになります。都内23区住みですとまずマイカーを持っていない、そしてソロ登山だとカーシェアやレンタカーで遠方に運転していくとコスパが悪すぎる(2人とかだといいんですが泣)。

というわけで機会としてはひとりで公共交通機関という場面が多くなり、結果中央線でたどり着ける奥多摩エリアというのはとても便利なのです。


このちょうど1年で、恐らく奥多摩にある主だった山というのはひととおり登ったんじゃないかなと思います。そして先日、奥多摩最高峰にして東京最高峰である雲取山に誕生日登山をかましてきました。



さみし。


通常この雲取山が奥多摩登山の総決算と呼ばれており、そこを制覇して且つ山頂でテント泊もしてきたので、これにて奥多摩はひと通り手を付けたといってもいいのだと思います。

しかし料理ブログ界の異端児と呼ばれて早10年、登山にもちょっと斜めの視点を持っている僕は、雲取山のさらに奥にある超マイナーエリアともいうべき「長沢背稜」を無視することはできなかった。

できなかったよ。


長沢背稜というのは、奥多摩エリアの最北端にある、東京都と埼玉県の県境に使われている山々の縦走路になります。なにせアクセスが悪く、そして背稜自体も長く1日で踏破するのが厳しい非常に山深いところにあるため、奥多摩EXTRAともいうべきマイナールートで、基本的に気軽に行けません。よっぽど奥多摩愛の強い人や、コアな登山がしたい人だけが行くような場所です。

これ無視できんやろ!!


というわけで2日かけて歩いてきたわけですが、天気も非常に良い山行日和、そして噂に違わぬ山深さ。今まで歩いてきた奥多摩エリアの中で断トツに山に包まれている感が強かったです。2日間フルに歩いていて5人しか会いませんでしたしね。

DSC03564

DSC03565


泊まったのは、酉谷山という最深エリアの山にある避難小屋。
これがまたマニアックな話なんですが、奥多摩LOVERSたちの間で大変評価が高く、また評価が高い故に登山者たちに愛され有志で清潔に保たれているという素晴らしき避難小屋。実際素晴らしかったです。

DSC03567

DSC03557


これにて奥多摩やったった感ありますが、細かく見るとまだまだ行っていないところはありますし、次は三条の湯かな。雲取山のエリアに、山奥の山荘、温泉があるのです。ここも行ってみたいなー。尽きないですわ。


長沢背稜の動画はこちらから!


名称未設定-1
IMG_3569
【豚の生姜焼き】 1人分
豚バラ肉 150g
たまねぎ 1/2個
しょうが 2片
*しょうゆ 大さじ2
*みりん、酒 大さじ1
*砂糖 大さじ1
*水 大さじ1
黒こしょう 適量
1.豚肉は一口大、たまねぎはくし切りにする。
2.フライパンに油を熱し、たまねぎを炒めて火が入ったら奥に寄せ、肉を焼き付ける。
3.(*)を回し絡め、水分を飛ばしていく。
4.最後にすりおろしたしょうがを加えたら、黒コショウを挽いて完成。

本日ここまで。
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 

【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】ユッケジャンクッパ/三浦岩礁のみち

IMG_1243

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。
Instagramアカウント
ダウンロード
「ID: okazakitchen」 

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

早速ですが、皆さん「関東ふれあいの道」って知ってますか??
多分100人いたら99人は知らないんじゃないかと思っていますが、合ってる??

最近登山にハマッてアクティビティ派のオカザキとしては、これ、本当に皆さんに知ってほしいというか、知られていないのはもったいないと思うんですよね。

関東ふれあいの道というのは、関東1都6県をつなぐ1,800kmにも渡る大遊歩道網のことです。環境省と各県がその道を定めており、例えば僕が今住んでいる東京ですと、西部の高尾や奥多摩のあたりを南北に走る道がいくつか設定されています。

例えば、「鳥のみち」として高尾山から陣馬山に至る縦走路、「山草のみち」は御嶽から棒ノ折山へとつながる山道、そのまま埼玉の方に繋がっていきますね。といった形で。

僕、25年暮らしてきた地元の海岸線が、「砂浜のみち」として関東ふれあいのみちの一部だということも知りませんでしたからね。

もっと宣伝した方がいいよ!!これ。関東の自治体で手をつないでさぁ!
この1,800kmを踏破したがる人とか沢山いると思うよ。



というわけで、先日、神奈川県は三浦海岸にある「岩礁のみち」に行ってきたんですね。
山方面の天気が軒並みアウトで、三浦半島のあたりが晴れていそうだったので、前々から気になっていた岩礁のみちに行ってきたわけです。

IMG_0045

IMG_0037

いやーなかなか面白かったです。
三浦海岸駅からバスで15分、こんな感じの岩礁地帯を延々と10kmも歩き続けることができるんです。

IMG_0078

IMG_0054


三浦半島とか横須賀あっちの方って陸の孤島というか、アクセスも悪いしなかなか行くこともないと思いますが、なかなか良い経験ができると思うので是非行ってみてほしいです。

注意点としましては、自然豊かな海岸線なので、フナムシが100億匹くらいいるのでそこは嫌いな人は気を付けてください。リアルまっくろくろすけが見れると思います。

IMG_0083


で、僕がおすすめしたいのは「みさきまぐろ切符」なるものがあるんですよ。
三浦市の回し者みたいになっていますが、これ本当にお得で、品川からの三浦往復切符、現地でのバス乗り放題、2000円相当のランチ券、お土産や温泉や現地アクティビティ何かと引き換えることのできるクーポン、これらが全部込み込みで3,600円とかで買えるんですよ。これは圧倒的にお得。

FullSizeRender

別に岩礁のみちに行かないにしても笑、この切符で三浦にまぐろ食べ行くってのは結構ありな感じがしますよ!デートに是非!

名称未設定-1
IMG_1243
【ユッケジャンクッパ】 1人分
牛肉 100g
人参1/4本
長ねぎ 1/2本
もやし ひとつかみ
*にんにく すりおろし 1片
*豆板醤 小さじ1
*コチュジャン 大さじ1
*ダシダ 大さじ1
水 2カップ
ごはん 1膳弱
ごま油 適量
卵 1個
1.牛肉を一口大、長ねぎ斜め切り、人参細切にする。
2.鍋にごま油を熱し、すりおろしたにんにく、豆板醤を弱火で炒める。
3.(2)に(1)を加え炒め合わせたら、水、コチュジャン、ダシダ、もやしを加えて煮込む。
4.溶いた卵を流し入れ、ごま油をひと回しする。


本日ここまで。
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 

【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】ポークチーズピカタ/【mountain】北岳ロックンロール

FullSizeRender

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。
Instagramアカウント
ダウンロード
「ID: okazakitchen」 

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

ちょっと前に、南アルプスの北岳にまっつんと登ってきました。

北岳と聞いて、「日本で2番目に高い山」と出てくる人は、ちょっとした雑学野郎ですね。富士山は全国民知らない人はいない程なのに、2番目に高い山となるとなかなか知られていないというのは、あるあるです。

つまりそれだけ激しく標高の高い山ということなのですが、今回はさらにテント泊。つまりテントや寝袋を担いで登るという鬼畜の所業。本当に我々はドMだなと心底思いました。ロックンロールだよ。

IMG_9311


そして案の定マジつらといいますか、北岳はスタート地点から2度に渡り鬼の急登があるのです。スタート地点からいきなり登り出し、森林の中をひたすら直登。そして中途地点の山小屋から稜線に出るまでひたすら直登。マジ容赦ない。平坦な道とか一切ない。ずっと登り。そしてテント重い。

ひーひーぜえぜえ言いながら登りましたが、その分上に出てからの絶景もすさまじく、最高に興奮しました。いや、これ天気悪かったら切なさの極み。当日はこれ以上ないだろってくらい良い天気でしたので、僕の日頃の行いの良さが仏以上だということが分かってしまいました。

IMG_9484

IMG_9472

IMG_9475


富士山や周囲の有名な山々を眺めながらのテント泊というのも素晴らしい体験でした。テント場のある山小屋では生ビールが売っているというのもポイント高い。

IMG_9571

IMG_9607


絶景に次ぐ絶景で、もう色々と漏らしそうでした。


IMG_9614

夕飯は担々餃子鍋。
こんなん作ってる奴いませんでした。最高に美味かった~。



正直アルプス登山でテント泊、なんていつか出来たらカッコいいよなぁ位のものでしたが、まさかまっつんと二人で涸沢に登山をし、自分でもソロ登山を始めて、そこから1年以内に実現させるとは思ってもいませんでしたね。

今後もしばらく登山の趣味は深めていきそうな感じがしますね。
まぁええこっちゃ。

IMG_9673



そして動画を作りました!
超大作なので是非見てください!



名称未設定-1
FullSizeRender
【ポークチーズピカタ】 1人分

豚ロース  5枚
チーズ 適量
薄力粉 適量
*卵 1個 溶いておく
*粉チーズ 大さじ1
酒 少々

1.豚肉にチーズを包んで巻き、薄力粉をまぶす。
2.よく混ぜた(*)にくぐらせ、両面焼き目をつけたら酒をして蒸し焼きにする。



本日ここまで。
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 

【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】アボカドキムチ/川苔山

FullSizeRender

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

Instagramアカウント
ダウンロード
「ID: okazakitchen」 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

フジロックに行けない悲しみは山で埋めようということで、週末土曜日は奥多摩にある川苔山に登ってきました。

IMG_7214


川苔山は、一番人気のルートが川乗橋のバス停から山を登っていくルートで、これはずーっと沢に沿って歩いていくマイナスイオン満載ルートなんですね。でもこのルート、大雨の影響かなんかで1年くらいずっと道が封鎖されていて、先週くらいにようやく復旧されたので、このルートから行ってきました。

このルートじゃなくても行けるは行けるんですが、そうすると代わり映えのない木々の中をひたすら登り続け、帰りも同じ道という結構つらめなルートになってしまいますので、この川乗橋ルートを僕はおすすめします!

IMG_7234

1時間半くらい沢に沿って登っていくと、百尋の滝という、奥多摩では有名な滝がありますので、これを目指して登って帰るというのもありかもしれません。

IMG_7263


まぁここまで来たら山頂まで行きたいですが、ここから先は結構急登続きできついです。

IMG_7274

この日は天気予報は午後から雨だったので、早起きして早めに降りてこられるように行動していたのですが、結局天気はずっとピーカンでした。気温もかなり高く、夏の奥多摩は標高がそんなにないこともあってなかなかハードですね。

その分見える景色や空は夏っぽくてかっこいいはいいんですけどね……ひたすらに暑いんですよね。

FullSizeRender

IMG_7284

毎度恒例の山メシはたぬき蕎麦。
ちょっと暑すぎるのでバーナー出してあったかい料理とかラーメンとか作る気にはあんまりなりませんね笑。

IMG_7295

しかし、約半年で奥多摩の主要処の山はほぼほぼ制覇してしまいました。
高水三山、御岳山、大岳山、御前山、三頭山、浅間嶺、棒ノ折山、鷹ノ巣山、そして川苔山。
この凝り性気質の俺だからなせる業よ。

あとは、ラスボスとして取っておいた、奥多摩最高峰にして東京都最高峰、そして日本百名山でもある雲取山だけです。ここはテント担いでテン泊か、山頂近くの山荘泊で行きたいところです。

ちなみに、雲取山からさらに奥側に、東京と埼玉の県境として使われている長沢背稜という山々があるのですが、これはあまりにもマイナールートすぎて僕は「奥多摩のエスターク」と名付けています。隠し裏ボス的な位置づけです。


山は奥深きよ。

名称未設定-1
FullSizeRender
【アボカドキムチ】 1人分
アボカド 1/2個
キムチ 3-40g
ごま油 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
ごま お好み
1.アボカドは角切りにし、キムチと和える。
2.ごま油、しょうゆ、ごまと和えて完成。

本日ここまで。
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 




ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】ゴーヤチャンプルー/【mountain】大台ケ原

FullSizeRender

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

Instagramアカウント
ダウンロード
「ID: okazakitchen」 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

少し前の話になるんですが、奈良県と三重県の県境にある日本百名山、大台ケ原に行ってきました。

秘境の名に恥じぬ素晴らしい場所でした。

え?
ひとりですけど何か?



この大台ケ原、前々から気になっていたんですよね。
関西の登山系YouTuberやブロガーがこぞって絶賛していた山で、しかも奈良のさらに最奥地にあるというロケーションもいいなと思っていました。

IMG_3575

なんせ奈良市からも3時間くらい車でかかりますからね。僕はその時もう少し近場の橿原市から車で行ったのですがそれでも飛ばしまくって2時間かかりました。あのあたりは有料道路が無いのも不便ですね。一般道をひたすら山道向かっていくという、まぁだからこその秘境だとは思いますが、山自体は素晴らしかったです。


でもGWの晴れ日でしたので、山頂付近の駐車場はめちゃくちゃ混んでいて、奈良県の全人口が集まっているのかと思いました。こんなアクセス悪い場所によく集まりますわ。7時前には到着していたんですが、駐車場には入れず、入り口前の路肩を案内されました。まぁでもそれはまだ良い方で、帰る時は、そこからさらに延々と15分くらい歩かんといかんちゃうのというくらい遠くまで縦列駐車が続いていましたね。



さてそんな大台ケ原、駐車場自体が山頂付近にあるので、実際は登山というよりはハイキングというか散策レベルだと思います。ただ、基本ルートをぐるっと3時間くらいなのですが、このコース内に色んな自然景観が詰まっていて、それが人気なんだろうな。

三重側から2日かけてやってくるというハードルートもあるようなのですが、今回は奈良に滞在していたのでこちらの楽勝ルートで。奈良には百名山が2座あって、もう片方の八経ヶ岳の方が多分ガッツリ登山という感じなのかな。ただ、この日めちゃくちゃ晴れそうだったので、景観重視で大台ケ原を選びました。このあたりのエリアは熊野古道で有名な熊野エリアで、年間通して雨が非常に多い土地なんですよね。



最初は山の中を歩き、開けた山頂からの風景が見えて王道の登山という感じ。

IMG_3407

IMG_3412

山頂は大台ケ原最高峰の日出ヶ岳。
ここからは、熊野灘と、この日は遠方がガスっていたため見えなかったけど、富士山とか南アルプスが見えるみたい。まず山頂から海が見えるってのが、普段、奥多摩甲信の山を登っている僕からすると新鮮ですよね。それから、熊野灘という海の向こうに富士山が見える、という構図も凄く新鮮。関西圏の人からしたら珍しいことではないのかもしれませんが、富士山ってのは陸とか山の中で見るものですから。

IMG_3419


その後立ち枯れで有名な正木峠というエリアを通りますが、ここがとにかく良かった。一番良かったです。ここにずっと座って本とか読んでたい。まだ先まであると思って割とハイペースに通り過ぎちゃったのが悔やまれる。

IMG_3444

IMG_3436

IMG_3434


正木峠を過ぎると、この大台ケ原のハイライトと呼ばれる大蛇嵓が待っています。

IMG_3457

IMG_3458

大蛇の背中に乗っているように感じるから大蛇嵓。確かに、切り立ってせり出した細い岩場を大蛇の身体に見立てている感じがよくわかりますよね。ここは落ちたら終わりの結構緊張感のある場所ですが、大台ケ原の絶景スポットでもあるので、人気あります。紅葉の時期とかはここで写真を撮るために30分待ちとかにもなるらしいですが、時間が早かったのか、特に待たず、人もほとんどいなくてラッキーでした。

そしてそんなエリアを過ぎるとお次は川がやってくるという何というサービス精神にあふれたネイチャーエンタテイメント。

IMG_3480

ここから沢沿いに移動して岩登りとかやる人たちもいるみたいですね。いろんな楽しみ方ができる素晴らしい場所だと思います。

で、最後にちょっと登り返しがあって、周回ゴールです。
小さいお子さんや年配の方も十分対応できる簡易コースだと思います。でも見どころが沢山あるから短いルートだけど満足感もある。これは人気が出るのも頷けますね。


しかし惜しむらくは、とにもかくにも遠いよな笑。
東京住まいの僕が今後また訪れるってのは、ひとりだと無さそうですね。素敵な場所だったので来たい気持ちはありますが。

IMG_3542


名称未設定-1
FullSizeRender
【ゴーヤチャンプルー】2人分
ゴーヤ 1/2本
豚バラ肉 150g
木綿豆腐 150g
かつおぶし 一つまみ
粉末出汁 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
卵 2個
酒 40cc
塩 少々
1.ゴーヤは縦半分にし、スプーンで種と綿を取り薄切りにする。豆腐は水切りして手でちぎる。豚肉は一口大に切る。
2.フライパンに油を熱し、豆腐に焼き目をつけて取り出す。
3.ゴーヤ、豚肉、(2)の順に炒めたら、酒を回しかける。
4.粉末だし、しょうゆ、かつおぶしを和えたら溶いた卵を回し入れて蓋をして弱火で蒸し焼きにする。
5.ざっとかき混ぜて、塩で調えて完成。

本日ここまで。
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 




ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

アーカイブ
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile

『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代サラリーマン。

料理は男を豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
note
noteにて料理にまつわるコトや日々の徒然文章を書いています。

こちらから。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文