東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

【recipe】豆乳レッドカレー/タイカレーファンクラブ

IMG_5988

★ ★ ★ ★ ★
本日も政府の機密文書にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってるぜ!


★ ★ ★ ★ ★


みんな知ってる?
世間は3連休なんだよ!

よっしゃー!3連休最高!!と昔は思っていたものですが、最近は、やべー翌週4日しかねえじゃん……という考えが出てしまうのは社会の歯車のプロになった証でしょうか。切ない。

さて話変わりまして僕は自宅でエスニック料理もよく作るのですが(変わりすぎ)、タイカレーを作るときによく買うのが、Mae Ploy のカレーペースト。

s-l1000

グリーン、イエロー、レッドカレーペーストなど色々あります。

最近はスパイスからカレーを作ることも大好きなので、タイカレーもペーストから作ってしまっては?という考えもあると思いますが、タイ料理ではまだその域にまではいっていません。

しかし今となっては普通ですが、「グリーンカレー」ってネーミングだけ聞くとなんか気持ち悪いですよね。グリーンて。カレーがグリーンて。でもグリーンカレーに会えたのはキセキですよ。やっぱりね、明日今日よりも好きになれる。せめて言わせて「幸せ」ですと。(この曲しか知らない)

thailand2 (8)

はじめてグリーンカレーを食べたのは大学生の頃、まさにタイのアユタヤでした。今ほどタイ料理屋はなかったと思いますし、そもそも十代の男子がエスニック料理屋さんに行く機会なんぞありませんでした。もちろん自宅のごはんでタイ料理が出てくるなんてこともありません。

そんな状態ですから、ある屋台で「GREEN CURRY」の文字を見たときも、「グリーンて!いや、カレーなのにグリーンて!!」と思いました。



まっつんという高校時代の友達と一緒だったのですが、ちょっとした罰ゲーム感覚で頼んだのを今でも覚えています。

tl2018 (82)


いやカレーといったら茶色やんか。
具材もポークにじゃがいも人参やんか。
ココナッツで溶いたりせえへんやんか。
おかんのカレーを食いたいやんか。
ETKINGの歌詞みたいやんか。




こんな意味のわからん緑色のもの食わされたところで、俺……


20150712083324



となったのも、もう15年以上昔のことですよ。

ちょうどその頃、日本の代々木公園のタイフェスとかも開かれるようになったんですよね。タイ料理が段々認知されていくその最初の頃の話です。今でも思い出します、あのはじめてグリーンカレー食べたときの衝撃。

そんな今日のレシピは、レッドカレーです。(あれ)

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】 
IMG_5988
【豆乳レッドカレー】 2人分
豚肉(部位お好み) 150g
たまねぎ 1/2個
きのこ(マッシュルーム) 7-8個
ブロッコリー 1/4房
ピーマン 2個
ヤングコーン 4-5本
レッドカレーペースト 大さじ2
オイスターソース 小さじ2
砂糖 大さじ1
豆乳 100cc
ごはん お好み

1.豚肉、ブロッコリーはひと口大、たまねぎは7-8mm幅、ピーマンは細切り、マッシュルームは1/4、ヤングコーンは3等分程度に切る。
2.フライパンに油を熱し、レッドカレーペーストを弱火で炒める。
3.たまねぎ、豚肉、その他野菜の順に炒め、油とペーストがほどよく回ったら豆乳を入れる。
4.オイスターソースと砂糖で調えて完成。

最高うまい!! 
肉とお野菜はお好みで変えてください。たいていのものならいけます。

本日ここまで!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【travel/ヨルダン・イスラエル編】中東めし!

jordanisrael (146)

★ ★ ★ ★ ★
本日も日本岡崎絵巻にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
★ ★ ★ ★ ★

ニッチもサッチも日曜日。
東京オカザキッチンからお送りしております。

一応本日で、ヨルダン・イスラエル旅行記は終了です。
明日からは通常通り料理ブログに…… ここ、一応料理ブログなんです(真顔)


さて、旅ブログと料理ブログを近づけるもの、それは現地のごはん、だと思います!

ヨルダンとイスラエルは中東の隣国とあって大体おんなじような料理が中心です。
お肉だったらセンシティブな豚肉や牛肉はあまり見ず、羊肉と鶏肉が中心ですね。主食は小麦系と豆類になります。

そんな中、ヨルダンに来たらこれは外せないよな!!ってのは、フムスファラフェルです。

jordanisrael (228)

フムスというのは、ひよこ豆のペーストのことです。潰して滑らかにしたひよこ豆やにんにく、ゴマペーストなどをあわせたもので、オリーブオイルがかかっています。これをパンにつけて食べます。ヨルダンソウルフードの代表格ですが、味付けはかなり日本人好みなので、日本のレストランでも割と見かけますね。僕も作ったことあります。(何故


jordanisrael (229)

対してこちらがファラフェル。
いってしまえば、コロッケですね。違いは、芋ではなくて、豆のコロッケです。


jordanisrael (227)

これは僕の泊まっていた宿のそばにあった、フムスとファラフェルの街の名店。地元客、観光客でいつも賑わっていました。揚げたてのファラフェルがサックサクで美味しい!


それから中東らしい皆さんの知っている食べ物といえば、ケバブですよね。

jordanisrael (270)

このへんのケバブは、薄いパン生地みたいなものに、肉や野菜、ソースをのせてくるくる巻いて食べるタイプでした。シャワルマ、といいます。

こいつは定番ですからね。美味いよね。
ガブリといって、ビールをグビーッ!!!!


……ヨルダンは禁酒国なので、ビールがありません……。
くっ……!



jordanisrael (216)

少しだけいいレストランでケバブの定食。
羊肉です。炭火で焼いた肉肉しさが堪りません。

これもビールだろうがよぉ……!泣



jordanisrael (186)

この手の料理はメインとしてレストランでも定番ですし、こんな感じの屋台でも手軽に買うことができ、値段もリーズナブルです。特にイスラエルは、旅行のし甲斐がある反面、物価が非常に高いというバックパッカー泣かせの国なので、その手の旅行者にとっては心強い味方になってくれる存在かと思います。


jordanisrael (79)

お米も一応ありますが、こういうちょっとピラフっぽい感じですね。パラパラさらさらしていて日本のお米とはだいぶ雰囲気が違いますが、たまにお米に出会うとうれしくなるのはやっぱり日本人だからでしょう。


お腹いっぱいになったり、歩き回って疲れたら、ジュースですね!
生絞りジュースが最高に旨いです。中でも中東近辺の生絞りオレンジジュースはもう最高と言わざるを得ません。

jordanisrael (183)

はぁ…… 生き返る……

ビールなんていらんよ……



やっぱ嘘。



jordanisrael (259)

お??

これはまさか……。


jordanisrael (260)

これはサトウキビジューススタンドです。

サトウキビをゴリッゴリと絞って出てきた汁を冷やして飲みます。見た感じ竹にしか見えないので、見た目的にはイマイチなんですが、これが神懸かりに美味いのです。

飲んだことのない人はあんまり味の想像がつかないかもしれませんが、言葉の説明も難しい。まぁ言ってしまえば砂糖水なんですが、植物のさわやかな風味に合わせて黒糖のような濃い甘みが抜けていく感じで、この乾いて暑い気候も手伝って何杯でも飲みたくなりますね。



そんな中東、実は結構なスイーツ大国なんです。
酒がない分、男女隔てなく甘いものに嗜好が傾いたのでしょう。

ただ、基本的に甘ったるくて僕は苦手です。
新婚初夜のベッドくらい甘くて、独身の僕には甘すぎる。

jordanisrael (81)

これはバスブーサというケーキのシロップ漬けなのですが、実に甘い。アプローチは悪くないんですが、もうとにかく甘い……。
まぁTHIS IS アラビアンスイーツだと言ってしまえばそうなのですが、やはり心が乾いている僕を甘く潤す…… ようにはならないです。


jordanisrael (188)

イスラエルとかに行くと、こんなおしゃれなスイーツ屋さんとかもできていて、さすが近代国家イスラエル、とか思いますし、味もこれは爽やかなレモンムースだったのですが、中東式というよりは欧米のスイーツですよね。流行ってそうでしたが。


そんな中、中東のお菓子に全く期待をしていない僕に凄いものが現れたのです。

jordanisrael (231)

これです。

これは、カナーフェというのですが、正直、


衝撃の美味さでした。


はっきり言いましょう。
今回の旅で食べたすべての料理の中で、圧倒的に一番美味しかったです。


アツアツの溶けたチーズと、カリッとした生地の層になっており、その上にシロップと砕いたピスタチオがかかっています。塩気と甘みのバランスが良く、ピスタチオのアクセントも上手です。

宿のそばにカナーフェの名店があると聞いたので冷やかし程度に食べてみたのですが、あまりの美味さに、「うんまっ!!」と声が出てしまいました。帰国日は、飛行機の出発時間から逆算すると、朝の7:30にはアンマンを出ないといけなかったのですが、7:30の開店に合わせて再び店に行ってしまったほどです。

jordanisrael (232)

いやはや、これ、日本に上陸してきたら絶対流行ると思います。
トッピングもチョコレートとか、生クリームとか色々用意してさ。
僕がやればいいのか。



というわけでヨルダン、イスラエルごはん事情でした。

明日からは通常運転に戻ります。
ありがとござした!


 ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
旅行記ブログ中につき休業中♪

本日ここまで!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

【travel/ヨルダン・イスラエル編】おみやげ

IMG_5663

★ ★ ★ ★ ★
本日も日本岡崎絵巻にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
★ ★ ★ ★ ★

土曜の朝は革命の朝。
東京オカザキッチンからお送りしております。

さて、長らくお付き合いいただいていましたヨルダン・イスラエル編も、今日のお土産の話と明日のごはんの話でひとまず終了です。ありがとうございました。

しかしどうですかね、皆さん。
ヨルダン、イスラエル、行ってみたくなりませんか??


……。


OKOK,俺、空気読めるから。
大丈夫だから。


そんな中東旅行、お土産を買ってきました。

ちょっと料理ブロガーらしい話をしておきますと、僕は結構食器が好きでして、海外旅行に行くと、その土地の食器を何か自分のために買ってくるようにしています。素敵な趣味じゃありませんか??抱かれたいと思います。


……。


OKOK,俺、空気読めるから。
大丈夫だから。



今回買ってきたのはこちら。

IMG_5669


え! めっちゃかわいい!

そうなんです。
オリーブの絵柄の小皿です。

ヨルダンはオリーブの生産量、割と健闘しておりまして世界第10位です。

これでごはん食べたい人は是非東京オカザキッチンまでお越しください。女子限定です。



あとは死海を擁するヨルダン・イスラエルなので、非常に有名なのが、「DEAD SEA COSMETIC」です。塩分濃度30%を誇る死海の塩ミネラルを含んだコスメは世界的にも有名!

ということで女子のためにトラック5台分ほど、石鹸やらボディクリームやらを買ってきました。

IMG_5670




減りません……。



う、うぅっ……。



ちなみに!
知っていますか?
いまや日本でも色んなところで目にすることになったコスメショップのSABON、僕でさえ知っているメーカーですが、実はこいつがイスラエルのメーカーだということを。

こういうところでも存在感を発揮しているわけですね~。


どうですか皆さん。
こんな天然コスメをリーズナブルの値段で爆買いできます。行ってみたくなりませんか??


……。


OKOK,俺、空気読めるから。
大丈夫だから。

 ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
旅行記ブログ中につき休業中♪

本日ここまで!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

【travel/ヨルダン編】アンマン市街地

jordanisrael (250)

★ ★ ★ ★ ★
本日も日本岡崎絵巻にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
★ ★ ★ ★ ★

ごきげんよう、私が噂の東京オカザキッチンです。

さて本日は、大変興味深かったイスラエルを去り、ヨルダンに戻ります。
正直な話、イスラエルにはあと何日かいたかったです。

ベツレヘムやジェリコといった、パレスチナ自治区の町をこの目で見ることができなかったことが本当に心残りですし、エルサレムもこのブログで紹介した以上にエリアによって大きく特長が変わる町ですので、まだまだ掘り下げた感じがしていません。そして、クラフトビールが流行っているという情報を持ちながらも、その手のバーに行く機会が持てませんでした。くぅーっ!最終日の夜に腹壊した俺が悪かったんや…!

再訪あるで、これ。
いつの日か。その時は、領土問題がある程度解決を見せ、より平和になっていると良いですが。



さて、入国にはえらい苦労したイスラエルですが、出国はすんなりしたものでした。
国境線は相変わらずものものしい雰囲気で、「Don't you have a weapon??」といった質問が普通にされる異様な感じですとか、あとひたすら時間がかかる感じですとかありましたが、審査自体はラクちんでしたね。出国税だけは182シュケル(5500円)と、異常に高かったです。


国境からは乗り合いのタクシーで快適にアンマン中心地へ戻ってきました。
さて、ヨルダンの首都はアンマンという町です。

jordanisrael (222)


昼なのに?

ヨルダン。


肉食べてるのに?

アンマン。



センス良すぎか!
センス良すぎか!俺!!


jordanisrael (224)

jordanisrael (230)

こんな感じで、アンマンの町はとても綺麗な町です。
町全体はベージュの白壁の建物で統一がされており、中東感が非常に強いことと、意外と清潔で空気自体もカラッとしているので、南アジアのようなジメッとしていて衛生に不安があるような状態もあまり感じさせません。

そんなアンマンはいくつかの小高い丘が集まってできている街なので、綺麗に街を見下ろせるポイントというのがいくつかあります。その中でも旧市街全体を見渡せる最高スポットが古代ローマ時代の要衝、アンマン城跡になります。

ダウンタウンから歩いていけるので行ってみました。

jordanisrael (236)

jordanisrael (238)


丘というには勾配は強めで、えっちらおっちら上って行くヨルダンの多摩地区のようなところです。雫!大好きだ! ひとりでした。

そうこう歩いていると、アンマン城に着きました。


jordanisrael (240)

おぉーーー、いいですね!!!
めちゃくちゃ素敵な街並みじゃないですか。

日本では決して見ることのできない風景ですよね。
こういう街並みは結構上がりますね。

反対側から見る風景もこれまた素晴らしい。

jordanisrael (251)

jordanisrael (253)

ほとんど何も残っていませんが、遺跡跡も雰囲気あります。

jordanisrael (244)

jordanisrael (245)


アンマンの街並みを散歩したのは、この旅の帰国日前日だったので、ちょっと感傷的な気持ちもありつつの散歩でしたね。

アンマンは治安も凄くいいですし、ごはんも意外や美味しかったですし、人も優しいし、素晴らしいですね。中東全体が割とキナ臭い中、このアンマンという街だけはずっと治安がいいので中東に関わる記者や企業の駐屯地になるわけです。

記憶にありませんか? ニュース番組なんかで、「現場の~~さん??」「はい、ヨルダンのアンマンからお送りしております」というやりとり。

これは、イラクやシリア、パレスチナといった危険地帯から一番近い安全地帯であり、取材の拠点になり得るのがここアンマンだからなんです。僕らはその後に悲惨なニュースをセットに情報を受けるので、何となくアンマンも怖い、みたいなイメージを持ってしまうのですが、ここアンマンはとても治安の良いところなんですね。

jordanisrael (263)

いかがですかね??

こんな写真を見ながら、「おっ、なんだええとこやん!」「やっぱりオカザキッチンは素敵やな!」そう思っていただけますと幸いです。

jordanisrael (267)

jordanisrael (268)

夜もなかなか。

 ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
旅行記ブログ中につき休業中♪

本日ここまで!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!

【travel/イスラエル編】ユダヤ超正統派の町メア・シュリーム

IMG_5596

★ ★ ★ ★ ★
本日も日本岡崎絵巻にお付き合いくださり
誠にありがとうございます。
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
★ ★ ★ ★ ★

みんな、ハッピーに生きてますか?
僕はヒッピーのように生きたいので、今日もホッピーを飲みます。

さて、イスラエル編。

イスラエルというと、「えっ、大丈夫なのそこ」という反応がとても多いのですが、行ってみると結構な都会でして、エルサレムの新市街のあたりとかはどこぞのヨーロッパの町ですか、といった雰囲気です。

ほら、こんな感じです。

IMG_5585

IMG_5584


結構いいところでしょ?
意外??


IMG_5607

こんな外資系ショップひしめくショッピングモールなんぞもあります。


そう、常々僕が説いているように、思い描いているものと実際のものは案外違うんだ、ということは結構あるのです。ブログだけ読んでいると、僕のことどうしようもない奴だと思っているかもしれませんが、やっぱりどうしようもない奴です。ありがとうございます。




そしてエルサレム新市街地から10分ほど北に歩いていくと、ちょっと珍しいエリアがあります。珍しいと言うか、この国では普通なのですが、日本人的にはあまり見慣れない雰囲気といいますか、そこにはユダヤ教の超正統派といわれる方々の居住エリアがあります。

メア・シュリームという地域です。

IMG_5593

ここでは、男性は皆黒ずくめ。
黒い山高ハットをかぶり、黒いスーツに白シャツ。髭モウモウで、なぜかもみあげだけめちゃくちゃ伸ばしていて人によってはもみあげが三つ編みになっている。今にも魔法とか唱えそうである。

女性もやはり黒いワンピースに、スカーフを巻き、スカートは必ずひざ下。
子供たちも、もみ上げだけ長い。

jordanisrael (174)


石畳の町、石造りの家の中をこのような方々が歩いている。ハッキリいってちょっと異様です。タイムスリップでもしてしまったかのような気分になります。

だって「超」正統派ですよ。
別に「正統派」でもええやん。
超つけるくらい正統派ってことで矜持を感じます。

IMG_5599


この人たち、宗教家の集まりで教義が厳しすぎるため、接触自体かなり憚られます。というか「やあやあ、こんちは!元気?」とかいう雰囲気じゃなく、観光地や観光客に全く媚びない。俺は俺の道を行く、という人たちなのです。

職業も「あそびにん」です。
いや、無職なだけで遊んでいるわけじゃないから「けんじゃ」ですか。

じゃあ何してるのかというと、この人たちの国内での役割は、労働者であること、富を生み出すこと、国を発展させること、とか全くもって関係なくて、「聖書を読み説き、教義を広めること」これ一点突破。

そのための生活補助が国からある程度保障されているそうですが、ユダヤ人国家であるイスラエルだからこそ生きていける存在な気がしますね。しかし補助されてるにも関わらず、今のイスラエルの国家の在り方は超正統派からしたら教義に反しているとかで、批判の対象なんだとか。難しいですね。


IMG_5595


いやね、この多様化時代、グローバルでダイバーシティな多メディア化の時代、ひたすら宗教にストイックに生きるというのは本当に容易いことではないし、そんなのごくごく一部の宗教家の為せる業だと思うのですが、この国にはそんな超正統派の方が10%弱、エルサレムには30%ほどいるそうです。

ストイックすぎて、異邦人には目もくれないし、普通のユダヤ教の人々とも交わらないし、数はめっちゃ多いのに異質な存在となっています。でも人数が多いから発言権もそれなりにある、という、なんだか変わった国ですねイスラエルってのは、やっぱり。


メア・シュリームをひととおり歩いて、新市街の方に抜けると、見えない膜を通り抜けた感じがするというか、あっちの世界からこっちの世界に戻ってきたような感覚になります。

ふぅぅー……  帰ってきた。 って。


IMG_5592


 ■ ■ ★ ■ ■ ■
【本日のレシピ】
旅行記ブログ中につき休業中♪

本日ここまで!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました! 

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~」 

私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

基本的に、どうでもいい話とレシピで紡いでいます。音楽、映画レビューや旅行記なども。

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
記事検索
Facebook
公式Facebookページ ほぼ記事更新のみですが…。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文