niku

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■


料理は男を豊かにする。
本日もご訪問ありが 
Instagramアカウント
Instagram
「ID: okazakitchen」 
登録待ってます!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

こんちは。

僕、豚のしょうが焼きが大好きでよく作るんですけど、料理するようになってから、色々と試行錯誤を重ねながら作ってきました。

それこそ最初は、豚こま肉と玉ねぎをタレに漬け込んで焼く、みたいなところからスタートして、たまねぎの厚さとか、肉の種類とか、色々と試した結果、個人的な好みもありますが到達したいくつかのポイントは、

・タレには漬け込まない。
・肉は片栗粉まぶす。
・薄すぎない豚ロースで作る。
・そして、しょうがは最後にすりおろして入れる。

といったところがあります。
こんなさらっと僕の研究成果をさらしてしまっていてですね、本当に抱かれたいブログナンバーワンは違います。情報高いよ。

まぁそんな過程の中で、調味ダレのお酒をワインにして作ってみる、というようなこともやっていたわけです。

しかしお酒⇒赤ワインにしても、やっぱりしょうゆが強くて、ワインであることは押し巻けるんですよ。そんなに変化を感じないわけです。

そこで今回ある工夫をしてみたところ、その工夫と赤ワインであることが相まって、とってもいい感じになった。豚の生姜焼きが、ちゃんと「赤ワイン生姜焼き」として機能した感じです。



是非見ていただけると嬉しいです!!

名称未設定-1
niku
【赤ワインポークジンジャー】 2人分
豚バラブロック 300g
たまねぎ 1/2個
しょうが 2片
片栗粉、塩 適量
*しょうゆ 大さじ2
*みりん、赤ワイン 大さじ1と1/2
*砂糖 小さじ2
*クローブ 5-6粒
黒こしょう 適量

1.たまねぎは2-3mmに切る。豚バラ肉は厚切りにして、塩をしたら片栗粉をまぶす。
2.フライパンに油を熱し、たまねぎを炒め、火が入ったら豚バラ肉を両面焼く。
3.(*)を回しかけ、煮詰まったらしょうがを絡める。
4.黒こしょうを挽いて完成。

本日ここまで。お粗末!!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■