IMG_8277

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

料理は男を豊かにする、ということで
本日もご訪問ありがとうございます。

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってます!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今となってはだいぶメジャーになってきましたが、韓国料理には欠かせない調味料で、牛骨粉末出汁の「ダシダ」という調味料があるんですね。

前回買ったとき、すぐ湿気を吸ってカッチコチになって捨てる羽目になってしまったので、今回は早め早めで消費しようと思って最近韓国料理多めで料理しております。

そして僕はとある噂を聞いたのが、「吉野家の牛丼」再現レシピにはダシダが欠かせない、というわけです。


松家の店員にひどいことされた経験を持つ僕としては、圧倒的に吉野家贔屓です。味噌汁のアドバンテージが大きい松家、そして、うな牛を筆頭に代わり牛丼を擁するすき家の存在は間違いなく無視できない存在ですが、牛丼オンリーで見た時には、やはり吉野家の牛丼には唯一無二の味がある、そう思っています。

熱くなりましたが、ダシダで吉野家牛丼が作れると聞いて俄然興味の沸いた僕は、数々のサイトを眺め、自分の好みの味を想像し、2日にかけて煮込み、浸水時間をたっぷり取って作ってみたわけです。

名称未設定-1
IMG_8277
【牛丼】2人分
牛バラ肉
薄切り 200g
たまねぎ 1個
昆布 1枚
水 150cc
*ダシダ 大さじ1
*しょうゆ 20cc
*砂糖 大さじ1/2
*酒 大さじ2
紅ショウガ 適量

1.鍋に油を熱し、厚め輪切りにしたたまねぎをざっと炒め、牛バラ肉、昆布を入れたら水を入れる。
2.煮立ったら(*)を加え、たまねぎがくったりするまで弱~中火で煮込み火を止める。
3.翌日まで寝かす。
4.ごはんに(3)、紅ショウガを盛る。七味をふりかけて完成。


そのお味! 割と近い!!
肉にもよるかもしれない。
OGビーフとかがいいのかな。国産だと似て非なるものになる気がする。

本日ここまで! お粗末!!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■