FullSizeRender

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

料理は男を豊かにする、ということで
本日もご訪問ありがとうございます。

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 
登録待ってます!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

日本酒の奥深さに触れて何年か経ちますが、日本酒すげーな!って思ったのは、フルーティーで華やかなお酒の数々に触れ、ワイングラスなど酒器による味や香りの変化を知ったことからです。

しかし日本酒が苦手だって人、昔の僕もそうなのですが、そのイメージってのは、いわゆるパックの安酒で失敗したイメージを持っている人、次に淡麗辛口のお酒のイメージなんじゃないかと僕は思うんです。

安酒の話はちょっと今日は置いときます。

で、獺祭のようなお酒が出てきて以降のここ10年位は色々なタイプの日本酒がしのぎを削っているんだと思いますが、30年前位以降は、新潟県をはじめとした淡麗辛口のお酒で幅をきかせていた時代でした。

それは別に悪いことではないし、さすが天下の米所新潟だぜってところなんですけどね、語弊もあるかもしれませんがそれによって超ビギナー層の取りこぼしもしてしまったんじゃないかと僕は思うわけです。日本という国に暮らしていながら、日本酒というのはビールやワイン、焼酎、カクテルに比べたら国内シェアは低いわけですよね。それは、やっぱり上記のようなところがあるんじゃないかなと。

果実味のある甘口旨口のお酒ってのは入口としてはすごくいいわけです。ビール飲めないけどフルーツビールは飲めるって女子とか沢山いるし、学生の時にまず飲めるようになるのって梅酒とかカシス系とかだったりするわけですよ。

美味しいですが異端児扱いをされる、「讃岐くらうでぃ」とか「三芳菊」みたいなお酒は絶対に若者ウケとか女子ウケ凄いと思うんです。そういうところが入口のお酒としてきっちり認知させるような流れが取れていたとしたら、日本酒の地位というのはもっと高かったんじゃないかな~~と思うわけです。

そして、色々な日本酒を飲み、勉強をし、いまここで改めて飲む〆張鶴のような新潟代表淡麗辛口酒を改めて飲んでみると、やっぱり美味いんですよ。日本酒にハマる前に飲んでいたイメージと全然変わっているんです。

IMG_7574

するっと入ってくる綺麗な水で作られているのもわかりますし、単体というより食事とあわせて華やかに開く感じ、そして温度が変わってもずっと美味いという特徴ですね。甘口系と比べたら初感シンプルなイメージなんですが、いろんな状況にあわせても美味いように、すごく練られているのがわかる。

だからこそこの手のお酒は、まず最初に登場してくるものではなくて、本当は日本酒の基本をざっと舐めたあとにたどり着くお酒なのかもしれません。

この手の日本酒は和食はもちろんですが、こんなTHE・洋食にも日に合うのです。
名称未設定-1
FullSizeRender
【海老ビスクドリア】 1人分
海老ビスク 50cc
ごはん 1/2膳
たまねぎ 1/8個
鶏もも肉 6-70g
小麦粉 小さじ1
バター 5g
牛乳 適量
チーズ 適量

1.たまねぎをみじん切り、鶏もも肉を小さく角切りにする。
2.フライパンで(1)を炒め、ごはん、海老ビスクを加えて、水分を飛ばす。
3.別のフライパンにバターを熱し、弱火で小麦粉を炒めたら牛乳で伸ばす。
4.耐熱皿に(2)、(3)、チーズの順に乗せ、オーブンなどで焼き目をつけたら完成。

リメイク最高レシピだ。

本日ここまで! お粗末!!

-カテゴリ-



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 

東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 
私生活強め。



ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■