男の中の男、東京オカザキッチンです。
5円貸します。返さなくていいよ。

聴いてくださいよ、最近ヤフオク久しぶりにやったんですよ。
ヤフーオークション。

ちょっと欲しいギターがあってですね。
ここ1ヶ月くらい、そのギターを調べたり実際楽器屋に行って試奏したりして、買おうと決めていました。
状態が良さそうならば、新品か中古かはそんなにこだわらないので、ヤフオクで良いのが出ていたら買おうかな、と。

そのギターシリーズのヤフオクでの出品具合を見ている感じ、恐らくその商品は、

メーカー希望価格は88,000円
小売りでの新品での最安価格は、6万5千円
そして、そこそこ以上の中古であれば、3万5千円~4万円もあれば落札できそうだな、というあたりをつけていました。

そして目当てのギターが出品されていたので、金曜夜から競り落としに入ったわけです。

もし知らない方がいたらいけませんので説明しておくと、ヤフーオークションは、色々なユーザーから出品されている商品に、自分で「この価格なら買いたい」という値段を入札していくんですね。それで、制限時間内で一番高い値段を提示したユーザーが落札、出品者と金銭と発送のやりとりをして、手に入れる…というものです。


で、金曜ですよ。
そのギターは、開始価格が30,000円でした。


すでに1人入札者がおり、30,000円で入札をしていました。
だがそいつは素人。取引実績ゼロのユーザーです。
 ※ヤフオクは過去にどんな商品を何回くらいやりとりをしたかを見ることができます。


33歳で職業独身である、財布に余裕のある俺とヤフオクで争うなど、素人にはおすすめできない。
勢いよく32,000円を入札して奴の戦意を喪失させました。この2000円が33歳のなせる業よ。言ってて悲しくなってきました。



奴は二度と現れませんでした。

ふ、貧乏人は俺の前に出てくるな。


しかしかくいう僕も最新のヤフオク利用履歴をみたら、10年前でした。
こちらも素人同然でした。ありがとうございます。



上にも書きましたが、このギターは中古品であれば、35,000~40,000円もあれば落札できるケースが多いです。ですので、これでこのまま時間までいくかな?と思い放置していました。


そして入札終了時間の15分ほど前に見てみると、新手のユーザーが僕の入札額に500円多い額をかぶせているではないですか。慌てて僕は33,000円を入札しました。すると、1分後にそいつは33,500円でかぶせ返してきました。その後同様に500円ずつのかぶせ合いとなり、これはかなり購買意欲の高いユーザーだと判断しました。


ここで怖いのは、泥沼戦になることです。

正直ヤフオクは、値段をかぶせられるとちょっと腹が立ちます。あわよくば安く買えたかもしれないのが、誰かによって値段が吊り上げられていく感覚、でもこれは俺が前々から目星をつけていた商品……。やはり欲しい……といった具合にお互いが意固地になり、本来の適正価格よりもどんどん上がっていってしまう消耗戦です。

このギターにしても、僕は中古ならば3.5万~4万円あれば競り落とせると踏んでいる商品です。

僕は考えました。
これはこのままいくとずっと値段のかぶせ合いが続き、結果的に値段が適正価格よりも上がっていくパターンだと。

そう踏んだ僕は、一気に戦意を喪失させる作戦に切り替えました。
つまり、ちまちましたかぶせ合いなどせず一気に40,000円オーバーの値段で入札し、「お前がいくら500円刻みできても、俺は高値を入札する余裕があるのであきらめな」と暗に示すのです。これは駆け引き、心理戦です。

僕は勢いよく42,000円で入札しました。


「地獄の業火に焼かれろ!デッドエンドフォーミリオンオーバー!!」(厨二病)


すると、奴は急に入札をやめました。
恐らく奴の画面には、「最高入札額42,000円」の文字が躍っていることと思います。
現在の金額は、奴の36,500円を500円上回る37,000円です。
そしてさらに、42,000円までが僕の勝利ゾーンとなっています。

そのまま終了1分前となり、僕は完全勝利を確信しました。
このまま37,000円で落札だ、と。



すると、終了直前、奴は、


41,500円で入札してきました。


ちょww いやがらせwwww


すでに買う気ないくせに、せめて僕に一番高値で買わせようとしてきたのです。
くっ、なんてイヤらしい奴なんだ…!
顔が見えないネットサービスはこういうところがイヤらしい。



若干の腹立たしさを残しつつも、まぁ全然予算内でしたので(予算5万)、まぁよしとします。
ちゃんとしたアコースティックギターが1本欲しかったんです。

届くのが楽しみです!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■


Bishop Briggs - Wild Horses

すっきりしない天気が続く最近の日曜の朝に投下する憂いミュージック。
是非聴いてみてください。

イギリスはアイルランド、24歳気鋭のミュージシャンです。
昨年から活動が大きくなっています。

基本的にはこういった翳りのあるトラックに、内面を吐き出すかのような感情的なボーカルがのるタイプの音楽です。非常ににセンスの良い方ですね。ずっと聞いてると鬱になりそうですが、こういうブラックなブルージーでフォーキーな音楽は個人的には凄く好きです。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

image
【イカ納豆モロヘイヤ】 2人分
イカ刺身 50g
納豆 1パック
モロヘイヤ 5束程

1.イカ刺身は細切りにする。モロヘイヤはさっと湯がいて絞ったら細かく刻む。
2.すべて材料を和えて完成。
3.好みでしょうゆor納豆のタレを回しかけていただく。


日本酒に最大の相性を発揮します。

本日も駄文お付き合いくださりありがとうございました。
最後にお手数ですが、 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ




↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

それぞれポチポチと押すだけで投票完了です!ランキングが上がるとやる気もあわせて上がります。よろしくお願いします!!

「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。
どうぞ応援よろしくお願い致します!

ところで、「東京オカザキッチン 公式LINE@」作ってみました。
1:1メッセもお気軽にどうぞ!
Add Friend

twitterアカウントはこちら!
twitter-logo
「@okazakitchen」

Instagramアカウントはこちら!
Instagram   

モロヘイヤWAR [DVD]
アップリンク
2004-09-24


【blog event】

★2014年4月開催 「春のスタミナ祭」

stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催 「夏の納涼祭」
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています!

★2014年11月開催 「秋のきのこ祭」
kinoko
皆さんのキノコ料理アイデア集になっています!

★2015年2月開催 「冬の漢汁祭」
winter
皆さんの汁物料理アイデア集になっています!

★2015年8月開催 「我が家の常備菜祭」
43673a7c
皆さんの常備菜アイデア集になっています!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

そして、これまでのレシピ → コチラから!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!

My Precious Kitchen ~世界一楽しいわたしの台所~

私の台所が激しくひん剥かれています。是非!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

★男子が本当に喜ぶガッツリおかず★
学研パブリッシングさんから発売中です!

オカザキッチンページあります。

★レシピブログmagazine vol.3★
扶桑社さんから発売中です!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。

★レシピブログmagazine vol.8★
扶桑社さんから発売中です!

キッチン紹介の特集ページの取材をお受けしました!