マダムキラー、東京オカザキッチンです。
調子にのりました、すいません。

ここ数日の東京は猛暑です。
残暑が厳しいざんしょ、なんて日本中が笑いで包まれそうなハイセンスギャグがありますが、確かにここ数日の東京は、夏が残りの力を振り絞って熱で染め上げている感じがします。

僕、クールビズでまわりはネクタイにしてないにも関わらず、なぜか毎日どうでもいいポリシーをもってしてネクタイしてるんですけど、この暑さで間違えて裸にネクタイだけで出勤してしまうこともちらほら。駅まで行って女性の叫び声で気づくこともちらほら。いや、ギリギリセーフということでね。


でもね、自分で言っておいてなんですが、例えば全裸の姉ちゃんが歩いていたとするじゃないですか。これってあんまり興奮しないんですね。そういうことじゃないんです、わかりますか。

例えば海外のビーチとか行って、そこがヌーディストビーチだったりするじゃないですか。正直あんまり興奮しないんですね。そういことじゃないんです。

やっぱり身を包んでいるものがあるからエロスが発生するという逆説的な欲求がそこにあるわけですね。ふむふむ、いやあ学術的だなぁ。学術的すぎて東京オカザキッチン凄いよ。



あぁ! やめて!
冷めた目! その視線!!



でも悪くない!
そんな視線も悪くない!!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

フライデーミュージックのお時間です。

いつもこうやって音楽を紹介し続けているわけですが、僕のご紹介する音楽のいずれかが皆さんの心に響いたり、あぁこれいいなと思ってもらえれば幸いと思ってやってます。


Nitsua - Morning Horizon

心地良く、素敵音楽ですね。
この温かみのある、優しいジャジートラック。

たまらない。
金曜夜通し遊び尽くした海の日の出にも、飲み明かした都会の朝焼けにも、早起きしたベッドのまどろみの中でも。

さあ、明日は何をしようか。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

ぼっちゃんカボチャって知ってます? こぶし大くらいのサイズのちっさいカボチャなんですけど、皮も食えるし甘みも強いし、なかなか優秀なカボチャなんだそうです。

僕、知らなかったんですけど、ちょっとこの度手に入れましたのでこんなもの作ってみました。

IMG_1049
【かぼちゃプリン】 2人分
坊ちゃんカボチャ 1個
グラニュー糖 大さじ1
卵 1個
生クリーム 50cc

1.かぼちゃは500w5分程度レンチンして柔らかくする。上部分を横に落とし、種やワタをとりのぞき、中身をくりぬく。
2.くりぬいた(1)を1,2回裏ごしする。
3.卵、グラニュー糖、生クリーム、(2)を混ぜ、容器に流し込む。
4.天板に薄く水を張り、160度40分オーブンで。冷やしてからどうぞ!


坊ちゃんかぼちゃを容器にするととても見栄えがいいですよ!
その際、オーブンで熱を入れる時はアルミホイルかなんかで下を包んであげると良いと思います。

言わせるなよ。


いや、言わせるなって!


ひとりで食べたよ!
わかってんだろ??

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日もご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、かぼちゃがレンチンで破裂して終了。
応援よろしくお願い致します!

これまでのレシピ → コチラから!

★2014年4月開催
stamina
皆さんのスタミナ料理アイデア集になっています!

★2014年8月開催
noryo
皆さんの冷製料理アイデア集になっています! 

★レシピブログmagazine vol.3★
発売中です!!

男子料理みたいなとこに掲載いただいています。