料理ブログ界のハート泥棒、東京オカザキッチンです。
あ、すいません嘘です。ブラウザを閉じないでください。

だって、それくらい主張しとかないと。皆さんからチョコもらえないやん。
あ、嘘です。すいません。ブラウザを閉じないでください。


さて泥棒の話題を無理やり出したところでですね、今日はトラベルキッチンなのだ。

南米ボリビアには、「ラパス」という町があるのですが、ここは、世界一標高の高い首都でして、なーんと3700m、つまり富士山よりもずっと高い位置にあるんですね。

すり鉢状になっている街は、下層が都市機能や富裕層エリア、4000mにもなるすり鉢の"ふち"のエリアが貧困層エリア、と非常にわかりやすいつくりになっています。

pic (195)
↑これはふちの部分から都市を見下ろしたところです。

そして、その貧困層エリア「エル・アルト」で毎週木曜と日曜に開かれるフリーマーケットこそが、通称「泥棒市」。なぜ泥棒市というのかというと、2通りの意味があって、1つは、治安の悪いエリアで窃盗が非常に多い点、そしてもう1つは、色々な窃盗品が堂々と売られているという点です笑。

pic (180)

pic (187)
↑10円でビーサン買いました。

そんなわけなのでこの泥棒市、明らかにブランドもののカバンや、掘り出し物の古着が見つかるお宝発掘市としても知られています。何回も通って山ほど買い物して日本に荷物送ってる奴とかもいました。どっから盗ってきたのか、人気のブーツやNIKEのエアフォースが片足だけ売られていたりします笑。NIKEのコルテッツのビンテージを発見したのですが、サイズがちと小さくて泣く泣く諦めました。あれは悔しかった。

でも僕的にはこの亀さんスーツが買えたので満足です。
おシャレさんの僕としては見た瞬間に買いました。
大変高い買い物で、80円もしました。

pic-(191)

しかし諸刃の剣、ここでの盗難率は凄かったですよ。僕がラパスに滞在していた数日間だけで、宿で話す旅行者の中に、「泥棒市で財布やパスポートをスられた」って奴が何人もいました。特に長期の旅行者は良くも悪くも旅慣れして警戒心が薄れている場合もあるので、そういう人らは一様にやられてました。

恐るべし、La Pausa・・・ 

いや、La Paz。


そんなラパスのエルアルトですが、日曜限定で最高のショーがやっています。
それがコレ!!


pic (205)

おばちゃんプロレス!

レスラーがインディヘナのおばちゃんという大変意味のわからないイベントなのです。巨漢のおばちゃんが宙を舞い大技を繰り出す様は圧巻です。観客も大興奮です。

pic (220)

なので、是非ラパスに行った際には、日曜日にぶつけてもらいたい。
スリに気を付けて、泥棒市でお買い物を楽しんで、おばプロを見る!
これ鉄板。

え、絶対行かない?

そんな!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

芽キャベツのおいしい季節です。
先日Cafe Irisさんとこで芽キャベツ扱ってたんで、僕も芽キャベツ食べたくなりました。では早速。

IMG_0201
【イカと芽キャベツの塩麹炒め】 2人分
イカ 120g
芽キャベツ 6個
にんにく 1かけ
塩麹 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
ごま油 適量

1.イカは好みの大きさに切って、酒(分量外)をふりかけて少し揉み込んでおく。芽キャベツは縦半分に、にんにくはみじん切りにする。
2.フライパンにごま油を熱し、にんにくを炒める。中~強火で芽キャベツ、油が回ったらイカをさっと炒める。
3.塩麹、しょうゆを絡めて完成。


ちょっと春っぽい一品ですか。
塩麹は漬物系に強いイメージですが、炒め物に使うと甘味が増して非常に美味しいですね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑ 3つの料理ブログランキングに参加しています。

この記事を読んだらボタンを押さないと、芽キャベツの中に住んでもらいます。
応援よろしくお願い致します!!

これまでの御品書 → コチラから!