寒さを吹っ飛ばせ! 東京オカザキッチンです。


無理です。


だって寒いんだもん。


(先頭へ戻る)



あ、ループ抜け出せました??
じゃ、先行きましょう。 

僕ね、今回出張中に泊まってた宿、「わけあり」の部屋だったんです。

「わけあり」部屋ってのは、例えば繁華街に面していてネオンが明るいとか、夜中までうるさいとか、あとは隣の建物ギリギリに窓が接していて採光がほとんどないような部屋を、ちょっと割安でどうぞ、っていう部屋のことなんです。

今回、ちと色々理由があっていいホテルにせざるを得なかったんですが、まぁそんな環境にこだわりないし、「わけあり」にしてちょっと金を浮かすかなと思ったんです。


でもね、入ってみると全然いい部屋なんです。
窓だって開けた側にあって光は入ってくるし、かといってうるさいってことも全くない。「え、全然いいじゃん」と思ったわけです。何がわけありなんだろうな~、と。

でも思い当たるのがひとつだけあって、夜むっちゃ怖い夢見たんすよ。
それこそオバケ的なやーつです。

どんな夢かも今こうして書いていて鮮明に思い出せるんですけど、ストーリー的に考えても結構よくできていて怖い。というか思い出したくない、部屋にひとりだし、今。 

あ、まぁ部屋にひとりなのはいつもなんですけど


んで夜中の3時くらいに起きて、ものっそい寒気がしてきて、もう布団にくるまって朝までやり過ごしたんです。何か窓見ちゃダメな気がして。


朝思いましたよ。
え、こういう「わけあり」ってこと?って。 
だからけっこう安かったの?って。


真相はもちろんわかりませんが、もうあのホテルにはあんまり泊まりたくないです。
でもそばにあるコンビニの姉ちゃんがめっちゃ可愛かったんで、また泊まるかもしれません。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■


Mansun - six

90年代中盤に活躍したイギリスのバンドです。耽美的なメロディと、一度崩して再構築したようなドラマティックなアレンジや構成力が武器でした。この曲にしても、8分以上の楽曲の中に3曲くらいの別の曲が一緒になっているような不可思議な構成が非常に面白いです


もちろん、一時期はUKでもトップチャートに食い込む活躍は見せたのですが、3枚アルバムを出して解散してしまったことは本当に惜しい。個人的にはもっと息の長い大きなバンドになっても良かったんじゃないかと思います。

たぶん、ちょっと早すぎたんだと思います。

しかし彼らの2枚目「six」というアルバムは時代に輝く超絶名盤です。MUSEとかPLACEBOとかこの手のUKロックが好きなら是非ともです。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

なんかね、最近僕豆腐系多いですよね。
それはなんでか。 単にレシピ簡単だからです。レシピ稼ぎです。悪びれなく言います。

でもいいですよね! みなさん豆腐系好きですもんね!
困ることないですもんね!

IMG_0019
【焼きがんもに大葉味噌】 2人分
がんもどき 2個
味噌 大さじ1
砂糖 小さじ2
みりん 小さじ1
大葉 4~5枚
サラダ油 適量
ごま 適量

1.フライパンにサラダ油を熱し、味噌、砂糖、みりん、刻んだ大葉を炒める。
2.オーブンを200度に余熱し、がんもどきに(1)を塗ったものを8~10分焼く。
3.ごまを散らしてどうぞ。お好きなお酒を用意してどうぞ。


熱湯で油をさっと抜く工程を入れるとなおよしですが、正直めんどくさいですしままでも良いです。

まぁ焼酎か日本酒ですね。でもウイスキーも合います。

うーあー、土曜日なうえに3連休じゃないか!!
ヒーハー!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、わけあり部屋に押し込んじゃいますよ。

これまでの御品書 → コチラから!