東京の、東京による、東京のための、東京オカザキッチンです。

自分で言っていてよくわかりません。

本日男3人で旅行中です。おい、哀れって言うんじゃねえ。
地元の高校同級生なのですが、僕らには異名があって「三本の矢」と皆に呼ばれて愛されています。

要は何かといいますと、地元の仲良し集団はけっこうな人数がいるのですが、皆結婚や子作りが早くてですね、僕ら3人だけが取り残されてしまい、逆に毛利の三本の矢のように結束が強くなってしまったという悲しい生き物なんです。

ですが、この「三本の矢」というブランディングがあまりにもうまくいきすぎていて、地元友達の仲では、困ったときのネタとして、30男子の独身貴族謳歌組として、そして羨望の的として崇められています。欠点は、お互いがお互いを監視していて、いつ自分が飛び立つかを虎視眈々と狙っているところですね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日の音楽! ウ!


The Sparta Locals - ロックとハニー

まぁ声も音楽もコーラスもどこか間が抜けている。
何このバンド、って人もいるかもしれません。

だけど、バンドって、かっこいいことをやろうとして間が抜けるのと、間が抜けることをかっこよくやるのとは大違いなんです。このバンドは完全に後者で、演奏やアレンジ、歌詞はめちゃくちゃかっこいいじゃないですか。

「ハニー、永遠はロックンロールと君だけさ」

だなんて、それだけで心が揺さぶられるぜ! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

日曜日はガッツリ男ごはんと決めています。
(土日は大抵家にいませんが)

IMG_9832
【中華丼】 2人分
ごはん お好み
豚肉切り落とし 120g
ミックスシーフード 100g
白菜 1/8個
人参 1/3本
しいたけ 3個
たけのこ水煮 1/2本
*お湯 1カップ
*ウェイパー(鶏がらスープの素) 小さじ1
*オイスターソース 小さじ2
*しょうゆ 小さじ1
*紹興酒(お酒でも) 小さじ2
にんにく、しょうが 1かけずつ
水溶き片栗粉 適量

1.白菜はそぎ切り、人参とたけのこは短冊切り、しいたけは薄切りにする。
2.フライパンに油を熱し、みじん切りにしたにんにく、しょうがを弱火で炒める。
3.香りが立ったら強火にし、肉、ミックスシーフードを炒める。
4.野菜類を入れて一気に火を入れる。(*)を回し入れて、とろみをつけたら完成!


中華丼だって自作です。だって自作した方がうまいんだもん。
ちなみに豚肉は、焼く前に塩、酒、片栗粉、油、で下味コーティングするとさらに美味しくなりますよ。

しかし僕はやってしまった! この中華丼は画竜点睛を欠いているよ!!

うずらの卵 忘れた!! ガーン

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、うずらの卵投げます。

これまでの御品書 → コチラから!