秋の夜長に東京オカザキッチンです。

いや、完全に季節は秋に移行してしまいましたね。さんざんこれまでお祭好きの夏男な雰囲気を出してきましたが、本当は僕は人と会話するのが苦手なんです。女の子の目見れない。むしろこの1年くらい実はニートでした。

そして秋、夜風も似合うクールガイだということを証明する季節になってきました。
いや、むしろ秋に力を発揮する、オカ秋ッチンです。強引すぎる!


さらに・・・ 
え?くだらないこと言ってないで仕事しろ? すいません。


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

秋冬はUKロックの季節です。僕は、力強くて元気の良いアメリカンなメロコアやハードロックよりも、イギリスのメランコリーなロックな方が断然好きなのです。

そんな僕のロックの嗜好を決定づけたのがこの曲です。
イギリスのバンド、Southです。


South - Keep Close

その頃は、貪欲に色々な洋楽に手を出しはじめた頃だったんですが、この陰鬱な感じの曲が僕の中に響いてしまった時に、「あ、自分はUKロック寄りな嗜好なんだな」と気付かされました。今聞いても超かっこいい。

秋の夜にしっとりとコーヒーや酒でも飲みながら聞きたい曲です。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日のレシピは自信ありますよ。
いや、いつもあるんですけどね。

IMG_9539
【米なすの和風グラタン】 2人分
米なす 1個
豚ひきにく 50g
たまねぎ 1/4個
小麦粉 大さじ1
*みそ 大さじ1
*みりん 大さじ1
*酒 大さじ1
*砂糖 小さじ1
*しょうゆ 小さじ1
オリーブオイル 適量
とろけるチーズ 適量
ネギ 適量

1.米なすは半分に切り、皮に沿って、また格子状に包丁を入れてスプーンで身をくり抜く。玉ねぎはみじん切りにする。
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを透き通るまで炒める。ひきにく、なすを入れて炒め合わせる。
3.小麦粉をふって混ぜたら、(*)を和える。
4.茄子の皮に具をつめてチーズを乗せてオーブンで軽く焼き色をつけたら、ねぎを散らして完成。


小麦粉ふるか迷ったんですが、ふったら全体にまとまりが出てとても美味しかったです。
日々主婦に近づいている気がします。このままだと女の子になっちゃう。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと茄子と一緒に煮ます。

これまでの御品書 → コチラから!