体力精力増強に東京オカザキッチンです。

何でもパワーアップです。
「あそびにん」ですら、僕の料理を食べるとムキムキの「ぶとうか」になってしまいます。

隠し味プロテインかよと。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

さて、インドのラダックに行くのには直行便はありませんから、一度デリーに入らなければなりません。帰りももちろんデリーで2日ほど過ごしました。


僕は衝撃を受けましたね。


あのですね。バックパッカーにとってデリーといえば、「いかに空港から無事に宿に辿り着くか」 というのが一種の洗礼というか儀式のようなものだったんですよ。


空港には客引きタクシーがむらがり、それに乗ろうものならまず間違いなく高額な料金を要求されたうえに、意味のわからない旅行会社に連れていかれて高額ツアーを組まされる、というのがド定番でした。人が好くて断ることのできない日本人はとてもいいカモなんですね。ただでさえ不安な外国旅行の際に人種の良さにつけこんで詐欺を働くなんて最低の行為だと思います。

ですが実際はトラブルの嵐。バスで向かってもトラブル、公式の空港タクシーに乗ってさえもトラブルと、「どないせいっちゅーねん!」という鬼門のようなものだったんですね。

僕も学生の頃はじめてインドを旅したとき、一番気を張ったのがこの空港~ニューデリー間の移動でした。案の定途中で乗ってきた男が、「このバスはデリーには行かないぞ?早く降りたほうがいい!」と誘ってきたのですが自分を信じて全部無視しました。「こいつはドラクエのモブキャラなんだ、同じセリフしか言わないんだ」と繰り返し、無事デリー駅まで辿り着いたものです。


でも次代を担う国の一端として、政府もこれじゃアカンと思ったんでしょうね。

いまやクソうるさい客引きタクシーも一切いない。
そしてなーんと、地下鉄でニューデリー駅まで一本

これがまた超キレイなエアトレインなの!
乗っている間はどこぞのヨーロッパの国の電車かよ!ってくらい。

ldk (303)

まぁ降りるとそこはインドなわけですけどね。でもデリーのオールドバザールの方も、昔よりキレイになっていましたねー。そもそも野良牛がいないですから。


え??
いや、野良牛ですよ、のらうし。

野良牛

いやいや冗談じゃないですて。
インドには普通に野良犬と同じ体で野良牛がいるんです。牛は、ヒンズーにとって神聖な生き物なので放置なんですね。首都デリーのどまんなかでもふつうに牛が歩いているんです。

DSCN4106
これ昔の写真ですけど、こんなだったんですから。
街はきたねーし、野良牛。

その野良牛たちが一掃されていました。
皆郊外に出されてしまったとのこと。これも、やはりこれから国際化を進めていくにあたり、「いくら何でも野良牛はねーべ」と議論になったに違いありません。


そんなデリーにて僕は自分におみやげを買いました。
料理系ブログにふさわしい土産だと思っているんですが、ボウル皿と塩入れるボトルです。どうですか!可愛いでしょう!! いやー買った人センスありますね。

IMG_9495


しかし、食器好きの独身男子はやばいですね。
あーやばい。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

さっぱりサラダレシピです。
大根のみずみずしさと、じゃこの香ばしさがたまりませんね!

IMG_9494
【じゃこと大根のサラダ】
しらす 30g程度
ごま 大さじ1
大根 10cm程度
大葉 7,8枚
*しょうゆ 大さじ1
*酢 小さじ2
*ごま油 小さじ1

1.しらすとごまはフライパンで香ばしくなるまで煎る。
2.大根はスライサー等で千切り、大葉は細切りにする。
3.絞った大根、しらす、ごま、(*)を混ぜる。器に盛って大葉を乗せて完成。


愛する人といっしょに分け合って食べてください。

ケッ

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないとじゃこを髪の毛いっぱいにモシャモシャと忍ばせます。