まいど! おおきに!
泣く子も黙る大阪オカザキッチンですねん。

今日も元気にやりますですねん!使い方おかしいですねん。
そもそもですねん、って使うんですねん?
絶対使わないですねんですねん。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

ハイ、というわけで今日はせっかく遠征しているので、大阪で見つけたオサレカフェでも載せておきましょう。梅田駅からすぐ、茶屋町「noon cafe」さんです。


image

内装も、コンクリートと木をオシャレに組み合わせたアート系の内装ですね。よく個展やライブなんかもやっているみたいです。

梅田界隈も良いカフェが多そうですね。じっくり色々と見て周りたいところですが、その町のカフェや雑貨屋、掘りだしもののお店を見つけられるのは住んでいる人の特権ですね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

僕の地元に、昔「城門ラーメン」という、薬味と卵を混ぜたあんかけラーメンの名店があったんですね。でも、僕が学生の頃に店はなくなってしまっていました。ですけど、どうやら3,4店舗くらいに分店して今も各々展開しているようなんです。

そんな城門ラーメンのあんを再現してどんぶりにしてみました。
結構うまくいいったような気がします。

IMG_9224
【城門丼】 2人分
豚ひき肉 60g
玉ねぎ 1/2個
しょうが 2かけ すりおろし
みょうが 1と1/2個
ザーサイ 30g
にんにく 2かけ
お湯 2カップ
ウェイパー (中華だし) 小さじ2
酒 大さじ1
しょうゆ 大さじ1
卵 1個
水溶き片栗粉 適量
 
1.玉ねぎ、みょうが、ザーサイ、にんにくは細かくみじん切りにする。しょうがはすりおろす。
2.フライパンにごま油を引き、ひき肉を炒め、油が透き通ったら玉ねぎ、にんにくを入れる。
3.色づき出すくらいまで炒めたら、みょうがとザーサイを入れてサッと炒める。
4.お湯、酒、すりおろしたしょうがを入れ、ウェイパー、しょうゆで味を調え、少し煮詰める。
5.水溶き片栗粉でとろみをつけたら、溶き卵を入れてざっくり混ぜて完成。

あまり見ない材料の組み合わせじゃないですか? でも材料見ると、ありだな!って思いません?うまいですよ! これがラーメンの上にどっさりかかっていて、大変うまい。

いつも舌を火傷します笑。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、くすぐり地獄です。