フライデーナイトは鬼の強気の東京オカザキッチンです。


さて、梅雨に突入なわけですが、皆さん梅雨の花といえば何を想像しますか?? 

そう、おそらく多くの方が「紫陽花」をあげますよね。
では、なぜ「梅雨=アジサイ」のイメージなのか知っていますか?



アジサイってのは、生えている土壌の影響を受ける花なんですね。
土壌が酸性だと青系に、アルカリ性だと赤系になるという面白い特徴があります。

梅雨の時期は多雨により土壌の酸性が強まるため、鮮やかで濃い青の花を咲かせるアジサイが多くなります。その美しさが季節を絞って際立つことで、アジサイは梅雨の花、というイメージがついているんでしょうね。


Fu~!!
博識な私を「アジサイ王子」と呼んでもいいですよ!





え? 
アジサイの花言葉は「冷淡」「浮気」「無情」 ですって??



・・・。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

休日朝にはカフェミュージック! 
いかがでしょう。


星野源 - くせのうた

染みますね。この曲、「さびしいと叫ぶには 僕はあまりにくだらない」
この部分秀逸すぎます。

独特のコード進行とメロディ、歌声を持つ素晴らしいミュージシャンですね。

インストゥルメンタルバンド「サケロック」のギタリスト、がメインの顔である彼ですが、サケロックよりもこの星野源ソロ名義の方が断然いいんですね。他、松尾スズキや宮藤官九郎を擁する劇団「大人計画」のメンバーとして俳優でも活躍中、また、文筆活動も行っている、という多彩な方です。

メジャーなドラマなんかにも出ちゃう俳優やりつつ玄人受けもいいミュージシャン、という理想的な立ち位置にいる芸能人のひとりと言えるかもしれません。

ゆったりとした気分で、穏やかな時間の中で。
それこそコーヒー飲んだり、煮込み料理作ったりしながら聴きたい音楽です。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日は梅雨の休日料理ということでね、大人のおいしいカレーはいかがでしょうか。
思えばカレーのレシピをあげるのは初めてかもしれません。

IMG_8492
【大人のポークカレー】 4人前
豚バラ肉 500g
玉ねぎ 1個
ホウレンソウ 1/2把
*ウイスキー 大さじ2
*にんにく 2かけすりおろし
*しょうが 1かけすりおろし
*しょうゆ 大さじ1
*砂糖 小さじ1
カレールウ 4皿分
カットトマト缶 1缶
インスタントコーヒー 小さじ1
黒こしょう 適量
温泉卵 4個

1.豚バラ肉はゴロリとした大きさに切り、*に 3h~ひと晩 漬け込んでおく。
2.鍋に油を熱し、豚バラの表面に焦げ目をつけていく。
3.くし切りにした玉ねぎを入れて炒める。油がほどよくまわったら肉の漬け汁を入れて炒め煮る。
4.トマト缶をドサッと入れ、具がかぶる程度までお湯を足す。沸騰したらアクを取り、弱火で1~2時間煮込む。
5.カレールウを入れ、隠し味にコーヒー。ざく切りにしたホウレンソウを入れてさっと火が通ったら黒こしょうで調整。
6.皿にごはんを盛り、カレーをかけたら温玉乗せて完成。


随所に大人の隠し味を忍ばせています。
豚バラのウイスキーマリネは是非行ってください。梅酒とかラムとかでもおいしいと思われます!
カレールウは違う種類のものを2皿×2皿で作ると深みが出る気がしますが、まぁコストかかりますしその辺はお好みで。

正直、独り暮らしのカレーはしんどいんですよね。1週間同じメシになってしまうんで。
でもたまーにどうしても時間かけて作りたくなります。

やっぱり大好きだからね、カレーは。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。押していただけるとGood!