女の「何でも良いよ」は「何でも良くない」ことの方が多い、東京オカザキッチン です。


これは自然の摂理です。
何でもいいわけないじゃないですか。

そのセリフが出た瞬間、ゴングが鳴ったと思うべきです。実は何でも良くないわけですから、女の子がOKと思えるような選択肢を提示しなければならないわけです。何でもいいと言われて試されているわけです。男の腕の見せ所というわけです。


ちなみに、媚びないがモットーの僕は、近場でもっともドロドロスープのラーメン屋に問答無用で入って男らしさをアピールするのですが、いつもフラれます。どうしてでしょう。



はっ、今日もさらっと奥深い話題を出してしまいました。
またファンが増えてしまいますね。いけねえや。 ヽ('A`)ノ


さて、昨日は仕事で大阪にいましたが、じめじめしてきましたね~。東京もじめじめですし、全国的な梅雨到来ですね。なんで春の気持ち良い時期ってのはすぐ終わっちゃうんですかね。ようやくあったかくなってきたと思ったら梅雨ですからねえ。

料理好きな皆さんとしては、食材管理の難しい時期になってきましたね。
女の涙梅雨の食材には気をつけていきましょう!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

そんなジメジメをふっ飛ばす!!

には! 

ファンキーな音楽と決まっています。


John Butler Trio - One way road

気持ちいいですね。

ジョンバトラートリオ、オーストリラリアの凄腕3ピースバンドです。オーストラリアって英語圏の中でも珍しくワールドクラスのバンドが出てきにくいんですが、このバンドはその突き抜けた実力で物言わせないって感じですね。

オーガニックなカフェでかかっていてほしいです。



John Butler Troi - Funky Tonight

こんな映像もありました。
2010年のフジロック映像ですね。僕、これビール飲みながら踊って見てました。

最高ですよねー。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

Recipe Go Recipe !

lemonchicken
【レモンチキン】  2人分
鶏もも肉200g
にんにく 1/2かけ
塩、こしょう、酒 適量
片栗粉 適量
*水 大さじ2
*レモン汁 小さじ1
*白ワイン 小さじ1
*砂糖 小さじ1/2
*鶏がらスープのもと 小さじ1
黒こしょう 適量
 
1.鶏肉をひと口大に切り、塩、こしょう、酒で下味をつけ、片栗粉をまぶしておく。
2.フライパンを熱し、みじんぎりにしたにんにくを香りが立つまで炒める。
3.鶏肉を焼き、火が通ったら、*を回しかける。
4.とろみがついたら皿に盛り、黒こしょうをガリガリたっぷり挽いて完成です。



最近、部屋に観葉植物を置こうと画策中です。比較的デカめの。
何か部屋に足りない気がしているのを埋めるのは植物な気がしています。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。押していただけるとGood!