Ono more time! 東京オカザキッチン です。

Daft Punk の8年振りニューアルバムを買ってまいりました。
待ったぜ!!! かっけえ!!

ダフト・パンクとは、フランスのエレクトロデュオですね。ダンスミュージックとしては世界的な成功と名声を得ている数少ないミュージシャンといえると思います。ロボット風の見た目、独特のエレクトロ・ディスコミュージックは聴くものの心をとらえて離しません。

最大ヒットであるセカンドアルバム「DISCOVERY」では彼らが大ファンだという松本零士が収録全曲に渡りアニメーションPVを手掛けたことで、ここ日本でもとても話題になりました。


Daft Punk - One more time

しかし僕が彼らで最も衝撃を受けたのは音源以上に、そのライブでした。

今まで本当にいろんなライブを見てきましたが、6年前に見た彼らのライブは、僕のライブ人生の中でも正直1,2を争うものだったと思っているほどです。

DSC00215

ピラミッド上のステージの中で曲と連動して派手に動き回るエフェクトと照明、曲を重ね合わせて再構築する「マッシュアップ」というミックス手法を惜しげなく投入するライブ曲の数々。2時間まったく疲れることなく踊らされ続ける、テンションを上げさせられ続ける、そんなライブはなかなか体感できるものではありません。

その時のライブ映像がYouTubeに上がっていたので貼っておきます。




そして!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

この流れで豚キムチとか 笑
脈絡なさすぎるのも考えものですね。

ま、いいか。

IMG_8485
【豚キムチ】 2人分
豚バラ肉 150g
キムチ 200g
ニラ 1/2束
ネギ 1/2本
しょうゆ 小さじ1
オイスターソース 小さじ1
にんにく、しょうが 各1かけ
卵 1個
ごま油 適量

1.フライパンにごま油を熱し、みじんぎりにしたにんにく、しょうがを香りが立つまで弱火で炒める。
2.中~強火に上げ、一口大に切った豚肉を炒める。色づいたらキムチ、5ch幅程度に切ったニラを入れる。
3.しょうゆ、オイスターソースを回しかけ絡める。ざく切りにしたネギを入れる。
4.溶いた卵で全体をまとめたら完成。


と、いうわけで絶品豚キムチをどうぞ。
豚肉とキムチだけでもまぁうまいっちゃうまいんですが、上のように丁寧に作ると深みが違います。特に、オイスターソースはあるといいと思います。


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。押していただけると踊り続けます。