Inspire the Next、東京オカザキッチンです。
次なる晩御飯に息吹を与える、それが我がキッチンです。 キリッ

身体がバキバキに痛いのですが、土日遊びほうけて帰ってきてそのままソファでぐーすか寝てたからかな。もう年ですかね。コンディションに身体が何となく左右されます。



というわけで、昨日はじめて整体とやらに行ってみました。
クラブやカフェは抵抗なく入れるというのに、マッサージ屋に入るのにえらい緊張してしまいました。

60分コースであれこれやって揉みしだいてもらったのですが、気持ち良かったー!
一瞬で終わってしまいました。 これはまた行ってしまいそうです。


しかし、横の台にいた、たぶん僕と同い年くらいのオッサンが、延々と整体師さんに話しかけ続けていたのがえらく気になりました。もうずーーーっと喋ってるんです。話の内容から察するに、おそらく富士そばみたいなチェーン系そば屋の雇われ店長なんですが、まぁしゃべるしゃべる。

室内全体がリラックスモードの中、その人の話し声だけが響き渡っていて、リラックスBGMと不可思議なコラボレーションをみせていました。しかし、おかげさまでそば屋の厨房内の機械の仕組みや、本部の研修の仕方や、若いバイトをどう育成するかとか社員と雇われ店長の距離感など、たくさん勉強になりました。

うーん、しかし何であんな世の中に対して上から目線だったんでしょう。
ああいうサービスを受ける場でしか、聞いてくれる人がいないんかなぁ・・・とか思ってしまいました。キャバクラとかはまっちゃうタイプですね。

「キャバクラでは紳士たれ」 をモットーとする僕とは違いますね。


え?いらんモットーを出すな?
いやだなあ、仕事ですよ。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日の東京カフェー紹介ですが、
下北沢「RAINBOW kitchen」さんです。

HPを持っていないんですね、意外です。

120604_rainbowkitchen0b

120604_rainbowkitchen0b

下北沢、高円寺に2店舗、阿佐ヶ谷、と4店舗の展開をみせている「RAINBOW」グループの下北沢店ですね。化学調味料を一切使わない料理がコンセプトで、内装も白を基調とした清潔感の中にどこか自然めいたオーガニックさを持っています。

ランチもディナーも、おいしくて手の込んだものをしっかりと食べることができます。
お酒も豊富ですし、食事のしっかりしたカフェはやっぱり使い勝手いいですよね。

サブカルチャータウン下北沢、憧れの町だという人も多いのではないでしょうか。掘れば掘るほど色々なものが出てくる町だと思います。僕も、今の職場からはアクセスが悪いので検討外でしたが、是非一度住んでみたいと思わせる町ですよね。


僕 「俺、下北に住んでるんだ~」
女 「えーー、オシャレーーー!」



すべてはこのやりとりのために。


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

暑くなってきましたからね~。
さっぱり系のレシピもいいと思います。

カジキマグロはマルチプレーヤーだと前の記事でも書きましたが、久しぶりの登場です。

kajiki
【カジキマグロのおろし煮】 2人分
かじきマグロ切り身 2切れ
大根おろし 8~10cm分
塩、こしょう 適量
片栗粉 適量
*だし 1カップ
*しょうゆ 大さじ2
*みりん 大さじ2
*酒 大さじ1
*しょうが 1/2かけ すりおろし
ねぎ ざく切り 少量
七味唐辛子 適量

1.切り身には塩、こしょうで下味をつけ、片栗粉を両面にまぶす。
2.フライパンを熱し焼き目をつけたら、そのまま(*)、大根おろしの汁、おろし半分 を入れて煮る。
3.皿にカジキ、大根おろしの残りを盛ったら煮汁をかけて完成。
4.お好みで七味とネギを散らしてどうぞ。


うまくてびっくりしました。
独り暮らし男子で魚の上にネギ散らしてるのなんて僕くらいなものです。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。押していただけるとボルテージが上がります。