大きな曲がり角を曲がったなら、東京オカザキッチンです。
そこは愛のある場所です。お嬢さん、是非おいでください。


あ、無視はやめて。



僕は、東京住まいを初めて5年目になります。

僕の住んでいる町って、いわゆる「住みたい町ランキング 東京編」とかやると上位に入ってくるような町で、おしゃれな店や変わった店が確かに多いです。

そんな中で、ちょっと面白い「米屋」があるんですよ。

ふつう米屋っていうと、帽子かぶって前掛けしたおっちゃんが昔ながらの店で売っているようなイメージじゃないですか。いや、そもそもお米はスーパーとか農協で買いますかね、皆さん。

でもその米屋は、内装は明るくてオシャレで、雑穀がセンスの良い瓶に入ってたりして、店員さんも若いオシャレな雰囲気の兄ちゃんとか、かわいらしい女の子とかなんです。

扱っている米も本格的で、常時日本全国さまざまな米15種類くらいがその時々で用意されていて、量り売りができ、さらにその場で精米してくれます。聞いたことのないブランドのお米もたくさんあって、説明とか読んでるだけでも結構おもしろい、というか興味を引く。各ブランドの「ごはん」の違いの説明とか聞くのも面白い。

何よりも、米屋なのに若い子たちが店を切り盛りしてるってところに惹かれます。ギャップですよね、応援したくなります。だから米はいつもそこで買うようにしてます。

お米なんて恥ずかしながら、あきたこまち、こしひかり、ささにしき、パールライス くらいしか知らなかったんですけど、色々あるんですねぇ。

昨日は、富山の「てんたかく」という米を買ってみました。
炊き立ての米はうまいなぁ。日本人で良かった!と思える瞬間のひとつですね。

kome

こういう記事読むと、米食いたくなりませんか?

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

そして白米に合うレシピ・・・と思いきや、それをしないのが天邪鬼オカザキッチンです。

これは… お菓子の範疇かな。コーヒーのおともにも良し。
箸休めでもいいかもしれません。

速攻、簡単です。

pum
【クリームチーズパンプキン】 5~6人分
かぼちゃ 1/4
クリームチーズ 100g
砂糖 大さじ1
バター 20g

1.かぼちゃは種を取り、お好みで皮を切って、薄切りにする。
2.レンチン600Wで5分。マッシャーかスプーンで粗めにつぶしたらバターを入れてざっくり混ぜる。
3.砂糖、クリームチーズを入れて、さらにわしゃわしゃ混ぜる。完成!簡単やー


いいですね。
僕が女の子で、男の部屋に行ってこんなのが手作りで出てきたら惚れてしまいます。酒に目薬混ぜるとかよりよっぽど健全だわ。ちょっと料理的に荒々しいのが逆にポイントですね。繊細すぎないところが男子っぽいというか。

いらん分析ですね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。押していただけるとモチベーション上がります!