G.W.の最大行楽地、東京オカザキッチンです。

ひと目見ようと押し寄せる観光客で、僕の1Kの部屋はパンク寸前です! パンダかオカザキッチンかというくらいの人気に各メディアも注目しています。あまりのカメラの多さに、ついに変態罪が適用され逮捕状が出てしまったのかとヒヤヒヤしましたが違いました。良かったです。

皆さんはG.W.お出かけでしょうかね。
実は、僕も昨日から友人たちと名古屋にいます。その間、東京オカザキッチンは休業するかとおもいきや、「新人ブロガーに休みなどない」 というストイック精神を発揮させていただきまして、ちゃんと数日分書きためているので安心して下さい。

ファンを裏切らない東京オカザキッチンですが、レシピネタが切れたら躊躇せずに休みます

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

新緑の季節、心地よいメロディ音楽を聞きたいものですね。
カフェでぼんやりかかってほしい曲です。


ハンバートハンバート - おなじ話

夫婦フォークデュオのハンバートハンバートです。男女ともに声がやばい。
非常に温かくセンスのある曲を書く彼らですが、その中でも最大の名曲がこの「おなじ話」です。メロディもさることながら、歌詞がすさまじくやばいです。是非すべて歌詞を追いながら聞いてみてください

なぜ、会話がかみ合っていないのか。
なぜ、おなじ話ばかりしているのか。
なぜ、いかなくちゃいけないのか。

書いてるだけで鳥肌が立ちます。
晴れた昼下がり、じっくり染み入る曲。涙がこぼれてしまいます。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

気持ちよい音楽を聞いたら、ギトギトの男料理です

IMG_8319

【ねぎ塩豚丼】 1人分
豚バラ肉 7,8切れ
ねぎ みじん切り 大さじ3
にんにく みじん切り 半かけ
ごま油 大さじ1/2
鶏ガラスープのもと 小さじ1/4
塩 2~3振り程度
レモン汁 小さじ1/4

1.豚バラ肉はスライスしておく。一人分ですと大体8切れ程度あれば。
2.ごま油に弱~中火位でねぎ、にんにくを熱し、香りが立ったら調味料を加えてさっと火を通し取り出す。
3.肉を焼き、ごはんを盛り、肉とねぎ塩を乗せて完成。

簡単ですね。本当は、先日当ブログでも取り上げた「塩豚」を使って欲しいです。ただしその場合は、スライス後に少し流水にさらして塩抜きするのと、味付けのプラスの塩は必要ありません。 


今日も一日良い日を!!
爽やか~

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
↑ 2つのレシピランキング参加中です。
うっかり押していただけると優しい気持ちになります。