南風薫るナマステ、東京オカザキッチン へようこそ。

明日からの4連休、ピクニック的なことをしたりもするでしょう。東京ですと、代々木公園とか新宿御苑とかにお弁当持ち寄りパーリーなんて最高じゃないですか。

というわけで、たくさん作れて、しかも「凄いね~」「こんなの作らないよ~」と言ってもらえるインディアレシピを今日は記しておきます。簡単だけど、おいしいところをもっていく。そして味もおいしい。そんなセコいのを東京オカザキッチンは目指します。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

というわけで、ミュージックコーナーもインドの方を紹介。


Talvin Singh - Light

タルヴィン・シンといいます。正確にいうと、在英のインド移民にあたるわけですが、音楽性は、インド伝統音楽とイギリスのエレクトロミュージックの融合ですね。この人、90年代後半にものすごい売れたんですけど、その時作った「O.K.」というアルバムは、インドミュージックから沖縄音楽まで入っていたりしてとても面白いです。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

最初に言っておきますと、美味であることと引き換えに、このレシピにはひとつ弱点があります。それは、これを大量に作り電車に乗ると、スパイシーな気持ちになってしまうということです。

でもそういう時はインド人のふりをすれば平気です。
ダルシムです。 あなたはダルシムです。 元祖ゴムゴムの実のダルシムです。

668_64030_snki012

日本人が白米のお弁当を持って電車に乗っていても誰も気に留める人はいません。ですから、インド人がタンドリーチキンを持って電車に乗っていても誰も気に留める人はいないはずです。バレたらヨガ・テレポートです。

ね、簡単でしょう?

t
【タンドリーチキン】 パーリーサイズ
鶏もも肉 7-800g
ヨーグルト 150g
レモン汁 大さじ1
サラダ油 大さじ1
砂糖 小さじ1
塩 小さじ1
しょうが 1かけ すりおろし
にんにく 2かけ すりおろし
カレー粉 大さじ1
ケチャップ 大さじ1 
(パプリカパウダー 小さじ2)
(ガラムマサラ 小さじ1)

1.鶏もも肉は大き目ひとくちサイズに切る。
2.他材料をすべて混ぜ合わせ、鶏肉を一晩漬け込む。
3.オーブン250度で20分焼く。 


PPとGMは、別になくても大丈夫です。
あればよりインディアの雰囲気が出ると思ってください。



しかし、話が若干戻りますが、ストⅡ、インド代表がこれて。
インド人に失礼だよ。

668_64030_snki012

僕、ある程度の年になるまで、インドって本当にこういう人がたくさんいる国だと思ってましたからね。

実際にインドに行ってみたら、腕が伸びたりテレポートできる人はひとりもいませんでした。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
↑ 2つのレシピランキング参加中です。
うっかり押していただけるとインドに平和が訪れます。


↑ ちょ、値段wwww やめたげてww