今日は世間的に休日ですね。僕も多分に漏れずお休みです。
朝ランニングなんてしてしまいました。30才たるもの爽やかさを意識しないといけません。


僕は革新的とも言うべき週休5日制(給与据え置き)を提唱していて、将来それをマニフェストに出馬する予定なのですが、それはさておいてもまぁ週に5日働くのと4日働くのでこんなに残体力に差が出るのはいったい何なんでしょうね。

■ ■ ★ ■ ■

よく日本人は労働民族だとよく言われます。僕は学生の頃から一人旅なんぞをよくしていたのですが、外から見てみると、日本の労働環境やサービス提供力がいかに緻密で膨大かってのが本当によくわかります。

まぁ他国の人たちはのんびりしていますよ。 ……というと語弊がありますね、もちろん働いている人もたくさんいるのでしょうが、それでも日本社会全体の労働規模と比べるとやっぱり差があると思います。 特にアジアとイスラム圏はハンパじゃないですよ。いい年した男たちが平日昼間から酒飲んでおしゃべりに興じているのなんて日常風景ですからね。

yemen (104)

ドミトリーなんかで一緒の部屋になった欧米人と話していても、「日本人旅行者は皆短期旅行だ、飛行機代がもったいなくないのか」と言われます。いや、もったいないですよ。おっしゃるとおりです。

あるとき、僕は社会人にしては長めの12日間くらいで旅行中だったのですが、同室のオランダ人カップルは「僕らは1ヶ月半だよジャップ」と言っていました。バカンスというやつですね。その人たち銀行員だったのに、それです。裏山。

戦争でゼロにリセットされ、その後異常ともいうべき社会成長を遂げた時期を基盤とする日本には、まだまだそういった考えが浸透しないのでしょうね。 それでもかつてよりは、「ライフワークバランス」という言葉が重視されるようになってきましたが、まぁ一部ですよね。仕事はお互い様で行っていくものですから、一部だけが充実していてもダメで、全体として底上げしなければなりません。

まぁでも「さーせん、有給消化して1ヶ月旅行に行ってきやす!」なんて言ってみたいですけどね。きっと帰ってきたら有給どころか僕の席も消化されているに違いありません。 「誰おまえ」、と。

■ ■ ★ ■ ■

社会人レシピブロガーらしく、まじめな話をしてしまいました。
本来そんなキャラじゃありません。お恥ずかしい限りです。窓から飛び降りて反省します。

3Fでした。


さて気を取り直しましてレシピを載せます。
IMG_7811
【玉ねぎのグリル】 2人分
玉ねぎ 半分 
塩、黒胡椒、オリーブオイル

1.たまねぎを1/4にカットして、塩、こしょうして数分放置
2.オリーブオイルを適量たらして、200度オーブンで30分程度、好みで焼くべし



これはですね、是非皮つきのまま焼いてください。見た目がいいから。女の子が部屋に来て、こんなん出したらかっこいいでしょ。しかも超簡単ですから。本当は、1個まるごとで上に十文字切れ目を入れて焼くのがいいと思います。


さて、今日はどこに出かけて何しようかな。 

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
↑あなたの1クリックが世界を救う(僕の)