東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

2021年11月

【recipe】担々麺/【movie】空白

IMG_7979

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

Instagramアカウント
Instagram

「ID: okazakitchen」 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

順当に映画を見ております。
こちらは少し前に。

320 (1)
【空白】 2021 日本

ある少女の交通事故死をめぐり、万引きした彼女を追いかけたことにより間接的に死に関わってしまった店長の苦悩と、もともと激情的な性格だった父親が娘の死をきっかけにさらにモンスター化していく様を描くヒューマンドラマです。

吉田恵輔監督の作品は基本すべて見るようにしていますので、本作も例に漏れず鑑賞ですね。ギャグ要素が一切入ることもなく最初から最後までシリアスな内容でひたすら重いです。シリアスな中にどこかユーモラスなシーンが入るギャップが吉田映画の持ち味だと思っているのですが、どうやらこの映画、「新聞記者」等の河村光庸が企画制作プロデュースにがっつり噛んでいるようで、それもあるのかな。そういえば新聞記者も主演松坂桃李ですしね。

古田新太に松坂桃李の名俳優ダブルキャストということもあり、基本的に負の感情がひたすらリアルにひしめく雰囲気で話が進んでいくのですが、その中でも非常に救いがあったのが古田新太の漁師弟子を演じた藤原季節ですね。藤原季節は要チェックです。昨年の「佐々木インマイマイン」も凄く良かったし、演技に加えて充てられる配役にいいものが多い。

物語は、基本暗くて重いです。
ですが、最後に一筋の救いを以て終わるところがギリ良かったです。

名称未設定-1
IMG_7979
【担々麺】 2人分
中華麺 2玉
豚ひき肉 150g
★豆板醤 小さじ2
★甜面醤 小さじ2
★しょうゆ 小さじ1
★砂糖 小さじ1
青梗菜 1/2房
桜エビ 大さじ4程度
卵 2個
ねぎ 10cm程度
ザーサイ お好み
*湯 3カップ
*中華だし 小さじ2
*しょうゆ 大さじ1
*オイスターソース 小さじ2
*ねりごま 大さじ4
*にんにく すりおろし 1/2片
*砂糖 小さじ2
ラー油 適量

1.豚ひき肉をフライパンで炒め、(★)を合わせ炒める。
2.青梗菜はさっと茹でる。桜エビはグリルなどで乾煎り、ねぎは白髪ねぎに、ザーサイは適当に刻む、卵は茹で卵にする。
3.丼に(*)をあわせ、湯切りした麺を入れ、(1)、(2)をのせる。
4.お好みでラー油を回しかける。


本日ここまで!
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 




ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

【recipe】たこ焼き丼/【travel】上高地・涸沢

IMG_7987

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

本日もご訪問ありがとうございます。

noteアカウント
54e24dfd1948a9747671f4adc8dafcc3
※岡崎の文章徒然絵巻

Instagramアカウント
Instagram

「ID: okazakitchen」 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

念願の!

涸沢に!!

行ってきたーーーーー!!!!!


IMG_7820


というわけで、恒例の松平君との登山紀行。

思えばちょうど1年と少し前くらいからちょこちょこ登り、ついに今回初の山小屋泊&雪山登山という割とガチ目な領域に入ってきました。

山に明るくない僕でも知っている上高地~涸沢のルートなわけですが、いや非常に素晴らしかったです。今までで一番良かったかも。



今回は、木夜に出発し、金、土と長丁場な旅行で、僕は暇なんでバッチコイなのですが、家族持ちのまっつんにとっては大変な準備を要しただろうという思いを禁じ得ません。

木曜は夜の11時に長野県松本市のゲストハウスに。

IMG_7725

IMG_7726

こういう民宿感なつかしいですね。
しばらく旅人っぽい旅をしていないなあと思いました。

金曜は早朝から上高地入口の駐車場まで行き、そこからはバスで20分ほど揺られると、上高地入口の河童橋に到着します。

IMG_7749


天気にはゴリゴリに恵まれて雲ひとつない快晴でして、河童橋の風景もめちゃくちゃ綺麗でした。涸沢はとっくに紅葉が終わり雪が積もっているのですが、上高地はちょうど紅葉シーズンだった様で、お得な気分でした。

IMG_7760

IMG_7762

僕はこの上高地には結構憧れており、いつか上高地童貞を彼女に捧げる日を夢見ていたのですが、ついに野郎と来てしまいました。アッー!

IMG_7755

IMG_7771

IMG_7783

河童橋からは、明神池、徳澤園、横尾、と山小屋が1時間間隔くらいのちょうどいい塩梅で並んでおり、少しずつ休憩しながら向かうのですが、ここはまだ山道ではなくお散歩コースといった感じで、軽いピクニック気分で歩いてこれるのがいいですね。

僕の読みに狂いは無かったのですが、彼女とは来れませんでした。
うおーーい。

IMG_7796

IMG_7799


横尾からは山道に入っていくのですが、最後涸沢に向かって急登していくラスト2時間くらいからは雪道になっており、ここでアイゼン発動して登っていく様は、立派な山好きのそれです。別に登山はまっつんに付き合う形で毎度やっている位の感覚だったのですが、もはや趣味のひとつと言ってしまっても良いのかもしれません。


IMG_7806

割とラスト付近はガチ雪山でした笑。

そんなこんなで6時間ほどで涸沢ヒュッテに到着です。いやー、こんな高いところにあるのに快適だったわ~。紅葉のピークシーズンをちょうど過ぎたところですので、割と空いていて、半個室を2人で使えたのも快適だったひとつの要因ですね。

IMG_7859

IMG_7869

IMG_7813

運動した後のメシも最高だね!

IMG_7866


そして天気に超絶恵まれていたため、期待度もMAX高まっていた星空と朝焼けもバッチリで凄かったです。高度も2500mくらいありますし、雪で空気が澄んでおり、しかも雲ひとつない。星空の絶好条件がそろっていたため、夜空は凄かったです。

いや寒いのなんのって。でも最高でした。

IMG_7906_1


こんなに凄い写真だけど、肉眼で見た方がはるかに凄いからね。

チベットで見た星空、軽井沢の大ちゃんの別荘で見た星空など印象的な星空は何度も経験していますが、この涸沢で見た星空も僕の記憶に深く刻み込まれました。


そして朝焼け。

IMG_7918

これまた凄い。

モルゲンロートって言うんですよね。朝日が昇る少し前に、陽の光が山を赤く染める光景をそう呼ぶんだそうです。雪も手伝ってこれまた美しい。

いやー、星空と朝焼けは本当に素晴らしかったな。
これを経験しちゃうと、登山も毎度一泊したくなっちゃうよな。

IMG_7923


帰りは夜6時に車を返さなきゃいけないため、となると~~朝7時には山小屋を出なければなりません笑。上高地は遠い……。スノボなんかもそうですけど、気軽に行ける距離に自然が無いというのは東京住まいのデメリットですよね。

車ぶっ飛ばして帰ってきました。

夕飯はとんかつドカ食いしてやりましたわ。
2日間で6000kcal消費しているので、何食ってもええやろと思っていたのですが、翌日体重計ったら全然減ってなくて凹みました。


名称未設定-1
IMG_7987
【たこ焼き丼】
たこやき 5〜6個
鰹節、青海苔 適量
ソース、マヨネーズ お好み
キャベツ 2枚
ごはん お好み
温泉卵 1個
ねぎ 適量
1.ごはんに刻んだキャベツをのせる。
2.たこやき、温泉卵をのせ、お好みでソース、マヨネーズをかけ、鰹節、青海苔、ねぎをのせる。

本日ここまで!
おあがりよ!

-カテゴリ-
旅にまつわる話



本や漫画にまつわる話

お酒にまつわる話

レシピ総覧は、
TOPページのタイトル下(スマホ)
もしくはカテゴリ検索(PC,スマホ)から!

Instagramアカウント
Instagram 
「ID: okazakitchen」 


東京オカザキッチン 公式LINE@
1:1メッセもお気軽にどうぞ! 

twitterアカウントはこちら! 
「@okazakitchen」 




ニッスイでおなじみ、日本水産さんの公式コミュニティサイト「みんなのしあわせごはん」の中で、「しあわせ料理人」と称してレシピ提供をしております。 

コチラから! 

普段とは違う僕が見れるかもしれません笑。 


【ブログランキング系】
長い人生のうちの僅か3クリックのお時間を
いただけますと幸いです。



 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ   
■ ■ ■ ★ ■ ■ ■  

レシピブログさんの特集ページで取材を受けました!  


私の台所が激しくひん剥かれています。是非!  

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■ 

料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile

『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代サラリーマン。

料理は男を豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
note
noteにて料理にまつわるコトや日々の徒然文章を書いています。

こちらから。
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文