東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

里芋の煮物 鶏そぼろあんかけ

こんにちは、合コンしたい店ナンバーワンの 東京オカザキッチン です。

昨日も、IT企業社長×アイドルの卵 の合コンが開かれていましたが、むかついたので塩と砂糖を逆にして料理を出してやりました。鶏の岩塩焼と見せかけて全部砂糖というファニーな状況になりまして、殺されかけました。危うくM&Aされるところでした。



あのですね、僕は食器や陶器も割と好きでして、表参道~青山らへんの雑貨屋食器屋エリアとかよくひとりでふらふら歩いています。といっても別段某鑑定団の中島先生のように詳しいわけではなくて、感覚的に「いいなぁ」と思っている程度なんですけどね。

前暮らしていた部屋はキッチンが尋常ではないくらい狭かったので、収納もほとんどできず、必然的に食器も買えなかったのですが、今は違います。まだまだスペースに余裕がありますので、今後も気に入って購入した食器があればここでも紹介したいと思います。

先日実家に帰った時に、ビビッとくる皿があったもので、そこにいた女性に聞いてみました。

「ほお、いい仕事してますねえ~。 是非ともこのお皿を我が東京オカザキッチンの食器に加えたいのですが、おいくらですか?オープンザプライスをお願いします。 え、タダで持っていっていい? いやいやそこは私もプロの職業人、お金がないわけではないのでね。まぁウン百万円とか言われてしまうと困ってしまうのですけど、ウン十万円なら何とか妻の通帳をね。 独身なんですけどね。ハッハッハ。 え?顔洗ってこい?」


母親でした。


というわけで持って帰ってきたのがこの皿です。

IMG_7758
形、色、風合い どれをとってもいいですよね。結構いい値段したそうなので大事に使えとのことです。
何の料理を持っても相性よさそうですね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

金土ってまず間違いなく酒飲んでますから、日曜日は休肝日だという人もいるのではないでしょうか。
こんな優しい料理はどうでしょう。日本酒が合いますよ(待て)

IMG_7442
【里芋の煮物 鶏そぼろあんかけ】 2~3人分

里芋 大5~6個
出汁 2カップ
★しょうゆ 大さじ3
★砂糖 大さじ1
★みりん 大さじ1
★酒 大さじ2
しょうが ひとかけ
鶏ひき肉 100g
ねぎ お好み
片栗粉 適量

1.里芋は皮をむき塩でこすったら熱湯で15分茹で、その後流水にさらしよく洗う。
2.出汁に切った里芋を入れて中火。煮えたら★を入れる。しょうが千切り、鶏ひき肉を入れる。
3.アクを取りながら、弱火で里芋を煮詰めていく。
4.片栗粉でとろみをつけ、器に盛ったらネギを散らして完成。


優しい味の里芋煮物。実家に帰りたくなる味……。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
↑ポチっていただけますと輪が広がってみんなハッピーです。    

ブルーチーズペンネ

こんにちは、黒塗りセダンが列をなす 東京オカザキッチン です。
裏の業界にも名前が知れてしまったため、日々そっちの世界の専属料理人にスカウトされないかハラハラしています。


ところで僕、最近はまっているパンがあってですね。
仕事中の昼飯は、基本、同僚と外で食べるようにしてるんですが、仕事忙しい時なんかはコンビニでパン買ったりします。崇高な料理人である皆さんからしたら 「コンビニパン? ペッ」 みたいな感じかもしれませんが、コンビニパンもなかなか侮れませんよ。

今日推したいのは、ローソンの「モッチドーナツ」ってのがあって、それがめっちゃうまいんですよ!! 何なの、あの生地のしっとりもっちりした旨さ。あれで105円はコスパ高すぎます。モッチドーナツをソファにして寝たいくらいです。是非食べてみてください。



さて、東京オカザキッチンは、都内にあるごく普通の設備を備えたマンションの1K部屋なのですが、キッチンもできればオシャレな雰囲気にしたいと思っています。先日ひとりでIKEA行ったんですが、キャニスター言うんですか、買いましたよ。粉とか入れる白いホーローのやーつ。

安いですね、IKEAは。しかもデザイン性もあるときたもんだ。そりゃ人気出ますよ。
でもひとりだとちょいーーと寂しいな。カップルとファミリーばかりでした。ラグ売り場でうんうん唸りながらずっとラグの長さをひとりで測っていたオッサンは僕です。



で、買ってきたキャニスターにはちょいと一手間。
マスキングテープにマジックで中身を書いて、"それ"っぽく。かわいいでしょ。
IMG_7808

いやしかし我ながらやってることが女子だなぁ……。

これで僕が武藤敬司みたいな外見だったとしたらみんなびびるでしょうね。




a527f_434_ORG_20101125000701

< こんにちは、キャニスター大好き、東京オカザキッチンです。








■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

さて、今日は土曜日なのでちょっとばかしオサレなメニューにしてみました。

IMG_5741


【ブルーチーズペンネ】 2人分
ペンネ 150g
キャベツ 数枚
生クリーム 100g
ブルーチーズ 60g
黒こしょう 適量
塩 適量

1.沸騰したたっぷりのお湯に塩ひとつまみ、ペンネを茹でる(記載の規定時間でOK)。
2.フライパンに生クリームとブルーチーズを入れ、火にかけてチーズを溶かす。
3.ゆであがり30秒前に四角く切ったキャベツを湯に入れてさっと湯上げ
4.ソースに絡めて、塩・こしょうで調整。


これは是非とも赤ワインと一緒にどうぞ。
写真には温玉も乗ってますがそれは僕の好みなので気にしないでください。おいしいけどね。


a527f_434_ORG_20101125000701

< 熱いうちに食べてね♪







■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。


 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
a527f_434_ORG_20101125000701

< ポチッと押してね♪

ナス南蛮/わかば堂

ようこそ、激旨の殿堂「東京オカザキッチン」へ。
東京在住独身サラリーマン三十路男子料理界のドン・キホーテとは私のことです。(実に狭い世界) 

自らを伝説の料理人と偽り騎士道精神よろしくブログに邁進している様はドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャにふさわしいのかもしれません。


という、まことにどうでもいい話は置いておいて、本日は北千住にあるカフェ「わかば堂」さんを紹介します。 

足立区の要ともいうべき北千住駅界隈、かなり栄えていますし、いい居酒屋さんもたくさんあります。ですが、この手の隠れ家カフェ的な店は実は全然ありません。そんな中でわかば堂さんは良い存在感を放っていると言えますね。
200910_20_08_c022110820110104005718

料理も本格的ですので、是非足を伸ばしてみてはいかがでしょう。

足立区といえば荒川、荒川といえば金八先生。僕は金八先生の大ファンでして、金八先生について語りだすとおそらくその勢いからライブドアブログのサーバーがダウンしてしまうのでやめておきます。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

んでは行ってみましょう。

やっぱり男が憧れる女性の職業としては、ナースがありますよね。
看護婦さんというのは世のオスどものあこがれの人種なわけであって、合コンしたい職業ランキングでも常に上位をキープしているのもうなずけます。

この職業難のご時世、確実な需要につながる資格系職種というのも実に強いですね。
時代はナースです。


R0013960
【ナース南蛮】 2人分

ナース 3本
鶏胸肉 150g
*酢 大さじ2
*しょうゆ 大さじ2
*酒 大さじ1
*砂糖 大さじ1
しょうが、にんにく 1かけ
片栗粉 適量
塩、こしょう 適量

1.鶏肉はひとくち大に切り、塩こしょうをしておく。ナースは乱切りにして水にさらしておく。
2.油を引いたら、みじんぎりにしたしょうがとにんにくを弱火で炒める。鶏肉とナースには片栗粉をまぶしておく。
3.中~強火でまずナースを炒め、油がよくなじんだらいったん取り出し、鶏肉を中火でじっくり焼いていく。
4.火が通ったらナースを戻し、★をまわしからめる。


まぁ一番うまいのは、まずナースを"揚げる"ことなんですけど、揚げものって独り暮らしだとハードル高いですし、油で炒める程度で十分です。

うまいですよ~ ナース南蛮(しつこい)


あ、誰だ 頭を看てもらえって言った奴出てこい!


■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。


 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
↑ポチっていただけますと輪が広がってみんなハッピーです。    
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

料理はメンズライフを豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文