東京オカザキッチン

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代独身男子です。

中華丼/【music】The Sparta Locals

東京の、東京による、東京のための、東京オカザキッチンです。

自分で言っていてよくわかりません。

本日男3人で旅行中です。おい、哀れって言うんじゃねえ。
地元の高校同級生なのですが、僕らには異名があって「三本の矢」と皆に呼ばれて愛されています。

要は何かといいますと、地元の仲良し集団はけっこうな人数がいるのですが、皆結婚や子作りが早くてですね、僕ら3人だけが取り残されてしまい、逆に毛利の三本の矢のように結束が強くなってしまったという悲しい生き物なんです。

ですが、この「三本の矢」というブランディングがあまりにもうまくいきすぎていて、地元友達の仲では、困ったときのネタとして、30男子の独身貴族謳歌組として、そして羨望の的として崇められています。欠点は、お互いがお互いを監視していて、いつ自分が飛び立つかを虎視眈々と狙っているところですね。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

今日の音楽! ウ!


The Sparta Locals - ロックとハニー

まぁ声も音楽もコーラスもどこか間が抜けている。
何このバンド、って人もいるかもしれません。

だけど、バンドって、かっこいいことをやろうとして間が抜けるのと、間が抜けることをかっこよくやるのとは大違いなんです。このバンドは完全に後者で、演奏やアレンジ、歌詞はめちゃくちゃかっこいいじゃないですか。

「ハニー、永遠はロックンロールと君だけさ」

だなんて、それだけで心が揺さぶられるぜ! 

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

日曜日はガッツリ男ごはんと決めています。
(土日は大抵家にいませんが)

IMG_9832
【中華丼】 2人分
ごはん お好み
豚肉切り落とし 120g
ミックスシーフード 100g
白菜 1/8個
人参 1/3本
しいたけ 3個
たけのこ水煮 1/2本
*お湯 1カップ
*ウェイパー(鶏がらスープの素) 小さじ1
*オイスターソース 小さじ2
*しょうゆ 小さじ1
*紹興酒(お酒でも) 小さじ2
にんにく、しょうが 1かけずつ
水溶き片栗粉 適量

1.白菜はそぎ切り、人参とたけのこは短冊切り、しいたけは薄切りにする。
2.フライパンに油を熱し、みじん切りにしたにんにく、しょうがを弱火で炒める。
3.香りが立ったら強火にし、肉、ミックスシーフードを炒める。
4.野菜類を入れて一気に火を入れる。(*)を回し入れて、とろみをつけたら完成!


中華丼だって自作です。だって自作した方がうまいんだもん。
ちなみに豚肉は、焼く前に塩、酒、片栗粉、油、で下味コーティングするとさらに美味しくなりますよ。

しかし僕はやってしまった! この中華丼は画竜点睛を欠いているよ!!

うずらの卵 忘れた!! ガーン

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、うずらの卵投げます。

これまでの御品書 → コチラから! 

鮭の西京焼き/【magazine】レシピブログmagazine創刊記念

えー、オカザキッチンは東京全域が庭みたいなものですからどこへでも出没するのですが、先日ちょっと気が向いたので、ちょっと外苑前の、ちょっとレシピブログさんのクッキングスタジオなんぞに行ってみました。

いいとこにあるんですね~。
青山は好きな雑貨屋とかカフェとかたくさんあるのでたまにデートとかで行きますが、そんなエリアにこの手のスタジオがあるのは熱いことですね。


で、もったいぶって何かと言いますと、先日満を持して発売された「レシピブログmagazine」の創刊記念パーティーにお招きいただきました。編集部のみなさんに、宣伝のためにこのことをブログに書けばかわいい女の子を紹介すると言われているので、喜んで書かせていただきます。(僕は謙虚なのであまりわがままを言いません。CanCamのモデルがいいです)


え、嘘? 騙されてる?
いや、そんなことない。企業コンプライアンス的にそれはない。


僕は当初、平日昼間だったので丁重にお断りしていたのですが、レシピブログ編集部のみなさんがどうしても来てほしいと菓子折りを持ってうちに来たので、まぁそういうことならしょうがないおもてをあげなさいということで半休取って行ってきました。

でも全裸に革靴とネクタイという極上のオシャレで行ったので渋谷署に連行されてしまったのですが、賄賂を掴ませてなんとか釈放してもらいました。日本の公安もまだまだクソみたいなところがあって助かりました。

IMG_9884

余裕だして珈琲飲んでたら時間ギリギリになって、いや残しませんよ。世の中にはお金払ってコーヒー飲みたくても飲めない人がいるんです。そしてこの一杯のコーヒー豆を作るためにどれだけの人の汗と労働がかかっているかということを考えると僕は静脈と、え?早くいけ?前フリが長い。


開始ギリギリに滑り込んだんですが、メンツはそうそうたるものでした。僕は普段アダルトサイトしか見ないので正直料理ブログとかほとんどわからないのですが、それでも知っている方がたくさんいました。

スーツ着て仕事帰りのサラリーマン姿でひょこひょこやってきたブロガーなんて僕だけだったんで(当たり前です)、うーん、俺浮いちゃうなと思いまして、スポンサーのリーマンの皆さんに紛れ込もうかと思ったんですが、なにせ首から「オカザキッチンさん」とか名札を掛けていたので無理がある。「いや、違うんです。私、株式会社オカザキッチンといいます。いつもお世話になってます」 とか言うのもどう見積もっても無理がある。


o0400030012749950021

で、まあお分かりの通りこのムック本は、山本ゆりさん大フィーチャー本でもあるんですが、実は僕、彼女と共通の友人がいるので是非その話を彼女としたいなぁと思っていたんですよ。でも実際してみたら、「え? わかるようなわからんような。多分わかるんやと思うんだけど・・・!」 と、大御所に言葉を選ばせるという失態をおかしてしまったので、あとでそいつをボコボコにすることにしました。


まぁそんなこんなでですね、座談会あり料理実演あり抽選会ありと、普段ダンボール暮らしの僕からすると凄まじく豪華な会だったのですが、最後に真面目なことを少し書いておくと、僕の生活圏内ではなかなか交わることのないような場であるにも関わらず、そこに参加させてもらえたってのはとてもいい経験でした。ありがとうございます。

それこそ、一方的にマブダチになったKOUパイセンとか、かなみにぃさんとか10個くらい年下ですし、僕と同世代の方、年上の方、それから山本ゆりさんはじめ大御所ブロガーの方、たくさんいらっしゃってお話する機会をいただきましたが、みなさん本当に"色"のあるブログを書いているというか、人気が出るのも頷けるなぁと思うんですね。僕のは色があるというよりイロモノにすぎないので余計に思います。その"色"が濃い皆さんとご一緒できたことはとても光栄なことでした。

あとは何よりも、運営元のアイランドさんやスタッフさん等々の努力と人柄ですよね。それが成功の秘訣です。当たり前ながら思いましたね。 あ、すいません!なんか上から目線! 俺のバカ!

o0300040012749950022
↑ ケーキだそうです。俺、黄身のところ、とっぴ!

えー、完全に場の空気を舐めていた僕は写真を1枚も撮っていないので、皆さんが愛してやまない かなみにぃさんの写真をお借りしています。羨ましがられるかと思いますが、ブログで受ける印象そのままに、めっちゃ可愛くていい子でした。軽蔑されていないか心配です。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

そしてこの流れから鮭の西京焼きの話にどうやってもっていくのかと。
そこが東京オカザキッチンのぶった切りブログです。

俺はやるぞ! うー、マンボ! マンボウといえば鮭の産卵は壮大ですよね!(無理がある)

IMG_9881
【鮭の西京焼き】 2人分
鮭の切り身 2切れ
西京味噌 大さじ3
みりん 大さじ1
酒 大さじ1
しょうゆ 小さじ1/2
塩 適量

1.鮭に塩をふり少し置き、水気が出てきたら拭き取る。
2.味噌、みりん、酒、しょうゆを混ぜ、ジップロックで鮭を漬け込む。
3.2日漬けたらオーケ。こんがり焼いて食べましょう! 大根おろしはマスト!


この手の味噌漬けは、ガーゼ挟んだりして味噌がガッチリつかないように工夫するものですが、個人的には西京味噌は味が柔らかいので、まんま漬けてちょっと拭き取ってそのまま焼いて全然いいと思ってます。

あのね僕、西京焼き死ぬほど好きなんですよ。
できれば改名して名前を「西京 焼男」にしたいくらいです。

お腹いっぱい食べるにはどうすればいいか。
自分で作ればいいでしょう??
いつ作るの。 今でしょう。 
でも食べるのは3日後でしょう。 お預けでしょう。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

青山金魚さんブログ「金魚の肴」にてアボカド豆腐いただきました~!
彩り鮮やかな竜宮城のような料理ブログです!

そしてセンスもある!
男豆腐にするだなんて、僕もこれからよりいっそうの男子力を上げていきたいと思います!


そしてさらに!本日は大盤振る舞い。
shinopuさんブログ「ごはんだぷー」にて焼き豚混ぜごはんいただきました!
フルタイム奥様ブロガー! 最近は生まれてくるお子さんの話題がドキドキです!

んー、やっぱ肉とごはんの相性は最高ですね。
朝から腹減ってきました。


おぉ、今日は記事内容もりもりだぜ。
土曜朝の暇な時間にどうぞ!

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、西京味噌風呂です一生。

これまでの御品書 → コチラから! 

さつまいものレアチーズケーキ/【music】Mercury Rev

当然のように其処に在りたい、東京オカザキッチンです。
そういう、なんといいますか、自然に寄り添える存在ってのは、まぁとても理想ですよね。

そう例えるならば、女の子を連れ込んだ時の枕元近くのベネトンの箱のようにひっそりと寄り添いたいと思います。あたかも当然のようにそこにある、出来レースのようにそこにある。やめなさい。すいません。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

上記のように、やれ連れ込み宿だ、やれコンドームだ言ってますので(みなまで言うな)、なんかそのあとにかっこいい音楽とかでキリッとするのも恐縮なんですけど、今日の音楽コーナーいきましょうか(キリッ


Mercury Rev - Nite And Fog

イギリスっぽいですが、アメリカのバンドです。
いまや大御所レベルですが、80年代から活動していながらも、90年代後半まで芽が出なかった苦労人バンドです。

轟音ギターをベースとしたロックバンドではあるのですが、オーケストラ楽器をはじめ様々な楽器や表現をふんだんに取り入れ、非常に壮大な音楽が特徴ですね。ロックシンフォニーなんて言われています。

かっこいいですよね。
ライブも、バックにサイケデリックな映像を流しながら悠々と演奏をする様が非常に印象的です。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

僕の料理は基本的にシャレオツですいませんなので、比較的ヨーグルトとかクリームチーズとか生クリームとか使いますし、よく余らせてます。その度にあーでもないこーでもないと使い切るようにしてるのですが、今回はデザート系材料が程よく揃って余っていたので、デザート系を攻めてみました。

IMG_9880
【さつまいものレアチーズケーキ】 4人分
さつまいも 250g
牛乳 100cc
ヨーグルト 200cc
生クリーム 150cc
砂糖 大さじ3
レモン汁 大さじ1
ゼラチン 10g

1.さつまいもはレンチンで柔らかくして皮むいてザック切り。
2.牛乳50ccとさつまいもをミキサーで滑らかにする。
3.ヨーグルト、生クリーム、砂糖、レモン汁を入れてさらに混ぜる。
4.レンジで温めた牛乳50ccにゼラチンを溶かし、(3)と混ぜる。型に入れて冷やせばオーケ。


ホイップクリームとかね、ミントの葉とかね、あればさらに綺麗なのかもしれませんけどね。
そこらへんは僕、泣く子も黙る日本男児なんで、そのままいっちゃってくださいよ。

え? こんなん作ってる時点で男としてどうなのよって??
おい、ちょっと放課後になったら体育館裏まで来い。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

かなぱんさんのブログ「あこパン日記 ~さあパンを焼きましょう~」にて、先日僕が書いたなめこ記事に関連して、なめこ刺し身いってくれちゃいました! いつもいつも温かいコメントありがとうございます。

記事はコチラ

パン教室の先生でもあるかなぱんさん、日々アップされるパンの美しさ!
ブログからもパンの焼くいい匂いがこちらにも流れてきそうな雰囲気に満ちています。

いつもよだれ垂らしながら読んでいます。
是非是非! 皆さんも必見ですよー。

■ ■ ■ ★ ■ ■ ■

いつもご覧いただきありがとうございます。励みになります!
「東京オカザキッチン」というWebカフェ空間を皆さんで共有できると嬉しいです。

 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 
↑2つの料理ブログランキングに参加しています。
この記事を読んだらボタンを押さないと、体育館裏で先輩が待ってます。

これまでの御品書 → コチラから! 

↑ ちょ、値段w もっと払ってあげてw
ニッスイコミュニティサイト

水産食品でおなじみ「ニッスイ」さんが運営する、

ニッスイ みんなのしあわせごはん

にて、『しあわせ料理人』やらせていただいています!
料理企画
★2014年4月開催
「春のスタミナ祭」

stamina

★2014年8月開催
「夏の納涼祭」

noryo

★2014年11月開催
「秋のきのこ祭」

kinoko

★2015年2月開催
「冬の漢汁祭」
winter

★2015年8月開催
「我が家の常備菜祭」
43673a7c
プライバシーポリシー
Profile


『東京オカザキッチン』

大都会東京の片隅でフライパンを振るう30代社会人男子。

料理はメンズライフを豊かにする。
音楽、映画レビューや旅行記なども絡めて、ワンランク上のこじらせ男子になろう!

レシピ【あ~さ行】
レシピ【た~わ行】


mail:
okazakitchen@hotmail.co.jp
okazakitchen@gmail.com

お仕事でも感想でもファンレターでも常時受け付けています。

過去の雑誌掲載
Instagram
Instagram
↑ オカザキッチンのインスタ専用アカウントです。
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
お問合せ

名前
メール
本文